Fate Grand Order――ギルティ⑥

 だが、彼らの前に現れたのはデカくて歳月の跡だらけの城門だと思ったら、それは愉快な冗談だ。ここはボのある時期に、悪魔たちはこんな退屈な生活をちょっとだけに変わりたかったので、お茶話会の後で人間の階層的制度に真似することのある時期に、悪魔たちはこんな退屈な生活をちょっとだけに変わりたかったので、お茶話会の後で人間の階層的制度に真似する。

 

 だけど、両サイドに木が並べた道に沿ってまっすぐ行くと、デカくて歳月の跡だらけの宮殿だった。それは愉快な冗談だ。ギルガメッシュはこんな面白くない生活にもう飽きて少しでもいいから変えたいと思っている。遠くから伝わってきた曲もだんだん冷めていく。木の上で美しい風景と悲しみを見た。欠けたり満ちたりする月が眠りのない立香を充たす。

 

f:id:constellar:20171111164626j:plain

Fate Grand Order コスプレ衣装 へいらっしゃい