ハイネ(成年)

 ビクトールの助けで子供たちの衣装と食事も穏やかになって、ハイネも子供たちを教えるために立派な大人になった。

 今日、ハイネがビクトールにわざわざ差し向けられた馬車に乗って王室教師として王宮に王子様たちに知識を教えに行った。すでにハイネの妻のあなたが車椅子をこいで涙を我慢して彼のカバンを渡した。すると、ハイネがあなたを抱きしめて額に唇を軽く付けた。「私がいない間に自分をちゃんと大事にして、私を待ってろう。」とても仕方なくて名残を惜しんでいる。

【やはり心配してわざわざ女性使用人を雇ってあなたの面倒を見る】

f:id:constellar:20170712172639p:plain

王室教師ハイネ コスプレ衣装 へいらっしゃい