A3!――大人の修学旅行⑧

太一:「監督先生!」

泉:「あ、太一くん。ほかのみんなは今はシャワー?」

太一:「そうよ!今からみんな裸で向き合うよ!」

丞:「こんなたくさんの人と温泉するか......」

太一:「いいじゃない――!みんなで賑やかだろう!」

東:「ふふ、たまにはいいかも。」

泉 :「あはは、楽しんでね!」

【温泉】

十座:「......込んだな。」

紬:「(´▽`*)アハハ......こうならやっぱちょっとね。」

太一:「秋組、この前もみんなで寮でいっしょにシャワーしたよ!」

丞:「秋組にはデッカイやつはたくさんいるから、ちょっとやばそうだったよね......」

万里:「そうだよ、全くだらしない。」

東:「ふふ、でも左京くんは意外と痩せたね。」

左京:「ほっといて。」

臣:「はあ~練習後の温泉はやっぱ気持ちいいな。」

誉:「確かにね。お湯が少しずつ全身に染み込んだよ。」

太一:「......ゆとりするときに......チャンス!」【水をかける】

万里:「......プ!【かけられた】太一お前!おとなしくしてよ!」

万里:「おら!」【やり返した】

太一:「プア!あばばば!」

左京:「うるさい!静かにするのはそんなに難しいか。」

紬:「(´▽`*)アハハ、子供の頃よく手を使った水鉄砲で遊んでたよ。こういう風に――」

太一:「うわ!紬さん、超スゲエ!どうやってできたか!?教えてよ~!」

紬:「こう、手を組んでて......この感じね――!」

【十座を当てた】

f:id:constellar:20170626161924p:plain

エースリー コスプレ衣装 へいらっしゃい