夏目友人帳――妖怪たちの物語<露神>

自生は真っ黒な空のようで数々の人々と物事を飾っているこそ明るくなっていく。宙に浮いている星のように果てなく輝いているものも有り、流れ星が空を渡れて一瞬の後消えてしまうものも有る。

人生の中でもつれ合う絆が星の光と伴って「流年」と私たちにそう呼ばれた。しかし、昔努力した、信仰した、憧れたすべても「流年」とともに「時間」にこぼれ落ちた。

「信仰」と詠んでいる愛がる。太陽の日差しが砕けた枝葉を通して投げたダイヤのような光の中であなたを見たときにもう知った。私たちはお互いの頼りでそれを命で続けていくということを。

「今日はいい天気ですね。」

「そうですね......」

もしいつか、流年での数々が髪の上の霜に凝ったら、愛情と信仰を懐かしく思いながら......一生の愛憎も伴って欲しいのだ。 

 

コスプレ衣装激安販売、コスプレ通販|Cosbravoコスプレショップ