この時間は強引に呼ん

午前3時4時やっとベッドに入って、この時間は強引に呼んで、このやつの態度はまたこんなに異常です。もともと「起きる息」のくせに、こめかみの血管のもくもくを感じ、「遅すぎて寝すぎ、今日は何も考えず、昼まで寝ていたと思っている。」
そうですか。その君は早く言うべき。こんな私も多すぎて。」言罢敬人合に手の雑誌、立ち上がろ、本当らしいから。疑惑の疑惑を自分に投げ出さていきたい?赤郎感覚だけこんなにあっという間に彼の耐性は今日に表現され、わけの分からない敬人磨終わって、彼はすぐに立って、身長の優位に助けを借りて相手を見下ろし、口調ももっとやさしくない:「だからお前の家に来て一体何を企んだ?」
「触れていた」……」
「遠く山の寺から出かけて、「たまたま」は私の家、蓮巳殿この輪鍛、少し遠すぎたのではないか。」
そんなに良い数秒、敬人唇マイクロ張継でまたすぼめきつくて、何回も何往復も言えなかったら。最終的に彼はやや低い頭、目がきらきらと、相手の追及を避けたい:「……わからない。」
あなたはいったいわがままなんですか?分かっていない、私はあなたを離れることはできません。」