しまった!臨時劇場がぺしゃんこた

しまった!臨時劇場がぺしゃんこた!」
ぺしゃんこ「ぺしゃんこ?!」
風が強いから!」
叮——どーん」
「中国は、学生と観光客の安全を確保し、今日の臨時劇場全グループの出演をキャンセル、後には華桜会の追試と審査、追試時間が別にお知らせする」と通知する。」
どうしますか!」
「星谷君……」
私は受け入れない!お客様に見ての出演ではない、私は受け入れません!」
じゃ、準備はどうするんだ?」
きっと何かがあるに違いない……」
さっきの放送…チーム鳳は縁がなく「綾剃っ祭」にならないように。」
申渡辰己に。
こんなにも惜しいことはない。」
辰己は道に帰る。
2016/ 1 / 7 21時53
トントロの戦士の小さいのは220162016201620161 / 1 / 7 21
「綾剃っ祭」は予定通り、緊張も、何かを証明しようとするが、チームの鳳は、手を離さないと決めた。その前に……
護送と紬を護送に行きました。」
天然痘寺と私が買って食べるのは。」
「私は、気にしないやつだから。」
「あの雪~役者は泣きたいときは笑って、心配するな、みんながいて、私も私もいるし、私もいるし、私もいるし、私もいるし。」
「星谷君、ますます頼りましたね……」
これまで、大切な仲間に自分の気持ちを伝えなきゃ。
私たちはいくつかチームを構成することができて、本当にとても良いです。」
ええと。」