お酒に酔って

鶴丸国永不思議に思うのですが、今日の一期一振見えるように普段あまり
いったいどこが違うのは、彼は一時的にも言えない
おはだんだん深くなって、引き続きこの静かな房裏きりてことは殘酷なことだ
だから鶴丸国が一期一振永遠に少し欠身
「もう夜が更けて、私も多くない邪魔し、おやすみなさい、一期一振大人」
ところが立ち上がり、気づかない人圧着袖、倒れてバランスが下がった
「うわ?!」
「このまま帰りましたか」
一期一振の手をしるしをつけている鶴丸国永の首、どうしても彼に自分靠向
知っているのに相手がだいぶお酒を飲みましたが、ではそんなに近くてやっと発見してあの酒ガス確か煙い
「お酒に酔って、一期一振大人」
両手に支えて布団の上で、鶴丸国永遠にむせて思わずされて眉をひそめる
お互いの間に挟ん一臂の距離、鶴丸国永思わず見つめて身の下での一期一振
薄紅のの頬に、琥珀色の目にあふれている株の微妙な感情
「あなたは誘っているか?」
一言口を衝いて出る鶴丸国、永遠に無理をしてないフリをして失言
「……もし私は?」
応えて相手の視線、一期一振の口元に微笑してい
「そう、今あなたは酔っ払って、後悔することはしない」
「私は酒に酔って、しかし私は今とてもはっきりしている」
聞いて一期一振なら、鶴丸国永か論理に出ないわけではないが、今も冷静に考えたとき
心臓の鼓動が止まらない熱血は衝に頭上
「それって今あなたは私といい欢好のことか」
「あなた次第だ」
一期一振笑って、迎えてキスで鶴丸国永の唇
酒に酔って乱性、というのはたぶんそういうことでしょう
鶴丸国と思って見ていて永遠に、一期一振い吐息
今の体が満足できるが、心の中はとても空虚
結局は私達は明日も後悔今夜の事でしょ
これからもこれまでのように自分を保っている妄想をたくましくしないでくださいの距離に付き合ってくれないか。
いいえ、まだしばらく時間滯在して今夜だろう
鶴丸国永噛んで歯を食いしばって、体がもっともっと深くがいくつか