鶴丸殿ですか

「鶴丸殿ですか?」
彼はまだない聞く言葉だーれだ、靑年は声を尋ねたが、その中の微笑みを覆い。
「びっくりしないあなたは、私はミスした。」彼は一期一振動を当てる目の手に、再び靑年のそばに座っていた。ちょっと話をした後の一期一振は精神をいくつか、背筋の背骨に、琥珀色の瞳だけを見てのひとえの服を着て鶴丸。
「鶴丸殿はあまり見て暑いのですか?」
「どこかに、私はやっと終わったところ田当番、暑くてたまらない、洗濯のシャワーがあなたを探して。」鶴丸ながら笑って彼に話しながら、手を握り締めた一期一振の手。も知らない彼の体温は冷たすぎるか、靑年の手は暑いので、その温度をだけを感じるような尾蛇、よじ登ってお互いに触れた肌に登ってきた。元々は暑いのと鶴丸は体がちょっと熱い感じが、彼はただきついきつい手のひらの力、離さない。
一期一振話さず、でもないよりは抜け出して、年上の兄は任せの幼い弟に自分に甘えて。鶴丸倒れても気にして、彼は手品に後ろから取り出し団扇、一期一振世話を手伝ってい粟田口の短刀たち。
「……ご迷惑をかけました。」
「いいいい。」鶴丸を振って扇子、頭もうちわに揺れのリズムに従って、書生のように軽く揺れ、「数日はよく君と二人きりで、今のところに。」
こっそりと一目見て身の回りを正すの一期一振。靑年の表情は泰然とし、ただ耳の先はかすかに赤くなりました。「お外で太陽されてから頭?」
「あはははははははは……あなたがそう言ってビックリしました、かえって知らない答え何だ……」
稚童たち惰眠、待っても悠々として目が覚めて、暴れ立ち上がる時、靑天井には染まった淡い淫乱の夕焼き。遠徴の刀剣たちも帰ってきた大半。漸落の太陽が耐え難い暑させ、空気中に漏れるの少しの清涼も奮起した刀剣たち颓然半日の精神を、本の丸にはいきなりにぎやかになった。
「一期、鶴丸、丁度いい。」審神者は珍しく興味深い、両手をたたくと、「今晩来た花火大会でしょう!」
夏の夜を昼に感じない贅沢な快適、庭の蛍が明滅するような夜空の星から?。騒ぐ開けたい祭りの短刀たちを審神者の袖に、彼を促す。一期一振廊下に座って、いたずらに見入るの弟たちは、突然感じて頬寒い。彼は目を上げて、1匹の白磁のコップに渡した。
「次郎殿下わざわざ出て酒を飲むだけ貢献し、少しなら、大丈夫ですか」
鶴丸盘膝に座って、彼の身の回り。酒はないので、彼はすでに味わった、身につけてごく淡いひとしきり吟醸香は、梅の香り。一期一振なぜか思い出した雪に凛とした白梅、多少はぼんやりと感じて、身辺の人は少し似ていて。
「お言葉に甘えて。」
彼は繊細なグラスを始め、仰いで一気に飲み干す。唇歯間の香あふれるほど、体の中からゆっくりと升こみ上げてくる暖流、がくすぶって人をちょっとめまいがする。
鶴丸身の回りを見ていた靑年一瞬失神、琥珀色の瞳にぼんやりして拡散の水気が、頬も少し赤くなって、少しおかしいと思いつつも、こらえきれずに手を出して、そっと揉ん彼は水色の髪。
酒量は驚くほど悪いのに、どうしても強がりが詰めて豪気のように、一期一振は、初めて会う。
弾むの審神者に本丸の刀剣たちが手に花火を配る。初炎上の時に、あの火花は少しずつ外は冒頭、すぐ持って熱烈な「ぱちぱち」の声が寄せられるに爆発がない、迫。初めて花火の短刀たちは珍しいものを見たような目を大きくした、驚嘆の声を出す。庭に花は火の光を点燈される線、惊飞が蛍との間の。
かすかにねじれ鶴丸すぎて、視線を落とすそれは少し晃神の靑年に。はじけるように盛んに火花茂った松葉、金色の光が彼に落ちる琥珀色の瞳に、まるで松脂優しく包む星。