一期一振って、なんだろう

「私は一期一振です。粟田口吉光の手による唯一の太刀でございます。」最初にこの名前を見て、まさかこれはどこの記念日で、重要な意味を持っているかもしれないと思っている。今までもこれは本当の名前ということを信じられない。
吉光は短刀の名手でして、弟達はおおむね短刀だ。主だった豊臣秀吉は私を自分に合わせて磨上げて、今の姿になりましたが……その頃の思い出は、大阪城と一緒に焼け落ちた。粟田口の短刀達を弟を呼ぶだけあって、内番で弟たちと手合わせをすると、特殊会話が発生する。時々「弟たちのこと、よろしくお願い申し上げる」といった。良き兄として弟達からは慕われている。統率初期値が三日月宗近と並んで太刀トップ、衝力初期値が大倶利伽羅と並んで太刀トップ。吉光は名工とされるが、その作品は短刀ばかりで、太刀はこの一振しか作らなかったため「一期一振」と呼ばれた。豊臣秀吉が愛用したことでも有名であるが、大坂夏の陣大坂城が落城した際の火災で一期一振も焼けてしまったため、ほとんどが焼き直しとなっている。強くなるごとに、昔とは違う自分になる気がするな。……いえ、良いことなんだろうか。面白いと思わないの。機会があれば友達と一緒にコスプレをして、刀剣乱舞衣装を着ましょう。一期一振の姿を見て、弟たちと遊ぼうよ。