……本当ですか

もう知らないのはどんな季節で、彼女を歩いていたあのに淡いピンク桜の通路に。
目を閉じてひとつ聞いて風に揺れる梢で風に舞い散る花びらと。
目を覚まし、海の果てには、おなじみの顔。
そして、それでは熟知の微笑。
彼女はついに喜んで暗い和風個室から出た、この話はあらゆる人喜び。
それまではまだ元気少女が今ではやつれてできない様子。
あの真っ黒だってしなやかな髪は今、かさかさになって乱雑。その上に付いている少し綿、きれいな目の下に現れた濃い目のクマ、からっとした中にもいて。
彼女は見た守外の皆さん、しばらくためらったが自発的に打ち破る静か。
「私は…もう大丈夫だ、本当に……」
「……本当ですか?」
正直に言うと彼女自身もあまり確かこの言葉の真実度、ただ……いくらサンプル丸でもしていくよ。
たとえ、を欠いたあの人……
突然感じて裾を引かれて、少女の頭を下げて見て分からない。
それはまだ目に輝いている涙の五虎退。
「主…本堂のご、お元気ですか?ご、ごめんなさい…すべては……私が悪い……」
少女はしばらくためらって、最終的にはしゃがみ込んで、そっと抱きしめたあの泣いている子供。
…君のせいじゃない。すべてのすべて……すべて私の過ちからね!」
帰る時間までさせて事件が起こる前に。
それは一度はいつものように出陣。
としては誰も覚えてない队長、率いるみんなダッシュ5図へ。
出かける前に少女がうっすらと不安、右まぶた跳びすごいが、まだ1チームの出陣を阻止する。
出陣前に念を押した少女の千万に念を押し不測はすぐ戻ってきて、皆も少し笑った承諾した。
覚えてるあのとき、あの人も笑ってたから、わざわざ引っ張って白い手袋、揉ん彼女の頭。
「私たちはきっと凱旋して帰って来るのは、安心して下さい。」
その時の約束のですか?
ときにチームから帰って来た時も彼女の目に映る姿のときには、その人のニュースをお伝えされる彼女の耳に、彼女の心臓はまるで人の生きた骸のように、宙ぶらりんの真ん中に命脈、閉じこもってほとんど息苦しい。
「できない、できない!私は、私に与えたのにチーム一人ひとりと守!どのように…まさか!」
彼女がこんなに向って負傷して報告の清光叫んで、涙は抑えられない出した、全身でコントロールできないで震えてた。
隣は泣く赤い目の五虎退、震える手を出しました。彼女は当初にあの人の守。
「主…主将で、一……1期の兄の守…私は、彼は、彼は昨日の夜…心配してくれて夜戦経験、経験不足……売りつける私の……私、私は当時もできないが…しかし彼は……そして僕はまだ彼のと言って、結…結果……」
少女は不思議に眺めた泣きながら、話していながらの五虎退いて、それはもう近づい崩壊エッジの世界は、徹底的に崩壊した。
彼女は足がソフト、いきなり地面に座る。
目の中に涙は抑えられないまくって外へ湧のように壊れた蛇口が一般的で、止まらない地面に垂らしている。
彼女は震える手を覆った自分の顔が、大きく開いた口では何も出てこないという。
彼女の世界は崩壊したのは、暗を覆っているの。
次の数日で、彼女は自分を閉じ込めた寝室で、毎日泣いている、飲まず食わず。
霊力で弱体化も止まらない。
刀剣たちが外で彼女を慰めて、しかし彼女は終始行き渋って聞いて一言で。
最後の最後、絶望に満ちた全体本の丸。
皆も意気消瀋した時、彼女はついに願いが出た。
その夢のためだけに、その美しい夢。