まだ寒い冬春が

殘りの別の2人は秋が深まるにはあまり暖かい日に風に乱れている。
今までは、まだ寒い冬春が、明らかにはさほど暖かくなった。ただ剛めくってあの列すだれ、突然感じて全身が熱く、かすかに光る霧の池温かい水光波波打つ、湖畔の週りの木陰冉密、云淡风轻。
2位は女の子で、お互いの間にはそんなにいない心配に包まれ、上着を脱いでバスタオル進水、ただの除去の衣類の瞬間、三月の目で夢を見る少し胸をかすめ、そしてある意味不明な笑顔を見せた。
これは私の間違い……誰かの心の中で長年空港の黙って暗い嘆一言、幸い相手に何もない。そして、温かい水に漬けたしばらく眠りを驚かして、二人の間に相对无言の夢を見るから考えてどう言葉探して。
「そういえば、頭には、耳を?」向こうは三月論点は先に口を開いた、白い指を伸ばしている首黒髪中に突然ノックアウトの白い二束。夢を見る彼女に聞くしたい時に、自分を隠してもう間に合わない、とても殘念ながらため息をついた:「うん……耳。」
「え?本当によ。」三月に興味深いつぶっ黒ぶどうのような瞳が、さらにはに動き、「気にしないと、私をすこし触って見ますか?」見た目は手触りがいいの様子はもちろん、相手が同意しないそれでも。

天気もいいから、刀剣乱舞衣装でも着て友達と散歩しましょう!
「ああ……は。はい、どうぞ。」彼女がこんなに請求の夢を見ると明らかにホッとしました、ただ触れば大丈夫だろうと頭を下げて、おとなしく垂らしもこもこのウサギの耳。はい、普段は自分がそんなに油断があって、泡が温泉すぎて結果さえ化形の偽装はすべて忘れましたか?
「手触りがいいね。」念願の三月にそっと撫でるふんわりしぽかぽかの繊細な兎の毛、そして何を思い出すようは一般的に目を細めてじろじろ見て完全にしみこむ相手が水の胴体、「よ……もしはウサギの話は、まだしっぽがあるべきですか?」
「?!」と思って無事夢を見る闻言はびっくりして、思や前の場合、ほとんど考えもしないで直接口に、「尾、尻尾があなたに触れない!」