好きな仕事に発光して発熱

煙崎ながらそう言ってながら、ごく自然に順番にこねから少年たちの頭。
好きな仕事に発光して発熱。思及びそのに明け暮れる日々畑や農作物の間の打刀付喪神に見えるだけだと思っ江雪ちょっとうとうと小娘話も極道理。身を本丸の第1位の刀剣、陸奥守吉行が练習を最高度はとっくに。後ろの戦場の情勢はますます困難、打刀たちにとって進める戦線はかなり骨が折れて、彼も少ない、戦場を踏み、彼の情熱と汗まみれでまつた本丸の畑で、本の丸の食糧生産建設抜群の貢献をしました。
自分の第一位に言及刀剣、煙崎の誇りもいっぱいの。もともとが安然バトルも頂いてあちこちとの刀剣が自分の力で種あたりも何斤のサツマイモの刀剣を提燈も探しにくい。同じとして身を本丸常任田当番留守の江雪特に実感できるという点、信じて本丸食糧のムー当たりの生産量は千八のあの日、もう間近になった。
とはいえ側役は時々刻々に主君にいたい……これは確かにおかしいこと。
正当江雪そう思った時、審神者も見た玄関に立っている彼。
「ああ、こんにちは、江雪大人。お小夜は来るのか?」
彼女の笑顔にくわえて極彼に声をかけた。様子を見る前のこと、たぶん彼女を忘れても変わらない。
この審神者別がない欠点は物覚えがあまりよくない。
その後江雪才知っていて、この本の丸の側仕え制度は擺設。
本の丸の側仕え制度は常任制は輪番制を誰が担当側役を務め、どのくらいで、まったく審神者の気持ち。それでも、この制度もとても良い実行し得ない。煙崎のそばにはない別の随侍の刀剣で付き添って、各彼女の身の回りでの刀剣が彼女の派はほかの仕事をしに行く。
結局人手不足だ。煙崎は珍しく露出した恥ずかしいの模様。結局は戦線推進が遅い鍛造刀炉にもどうでも、新しいの刀剣……あ、でも顔黒という事は、生まれつきの私達しょうがないだろ。