彼女は喜んで帰って自分の寝室

家に帰って、ほたるは彼女に教えて彼女の部屋の給湯器はもう直しの時、彼女は喜んで帰って自分の寝室。
ついにあのやつのところに行かなくて、今日はゆっくり休んでました。
しかし彼女が扉を押し開けて、彼女のベッドの上に横たわって見たよ見て漫画の時、自分の理性の絃ががくがく。
「……君は、僕の部屋に来何やってんだ。」彼女はドアを閉め、頭痛を見て紫髪の男。
「私の部屋の浴室給湯器は壊れて、思い切ってあなたのほうに入浴しました。」
相手に漫画の本をひとつしてあくび、ベッドの上から座ってたってきて、「もしあなたが先に風呂ならいい管私、ちょっと見て漫画。」
「明石国行!急いで私に行ってお風呂に入って滾回自分の部屋!」
彼女は思わず叫んだ、ある意味自分の感じは少し神経衰弱した。「せめて一晩ゆっくり寝ましょう!鶴丸あいつも今日は私を嘲笑するクマだった!」
……この人は本当に、この怠け者の時に勤勉に怖いです。
まことに同情から前世の自分。
「まあ……そういえば、あなたは夜に寝たいですか?」
相手の目をつぶって。なぜか、彼女からのはいつも怠惰の金のひとみに見えた大変な感じ。
「……そうですね。更によく休まない私はくたくたに疲れた。」今の彼女は時間を無駄に修習の授業に加え、茶屋のアルバイトとシーンデザインの仕事に、本当に夜がとても必要十分な睡眠時間。
明石国行見上げるような天井を見て、考えている彼女なら、およそ1分ぐらい彼女すを相手にうなずき、そしててほっとした。
「それなら先に風呂に入った。私はなるべく早くを洗って、あなたも早く洗濯。やり遂げると言うとか、今晩私は早く寝る。」彼女はとても疲れにかばんを置いて、椅子に片付けました洗濯物から自分の部屋に入ったの浴室、気づかない明石国を持って行の深みの微笑。
まあ……彼はあまりないように期待しているよ。