彼は目を開けて

「もしもし、一期さん、この乗車とか。」
一緒に出展の短刀浮き田志津車の中から首を出す。出発の時間、1期を見ても遠くへ。
鶴丸殿にとっては来ない……
彼はため息をついた、あっという間に自動車に上がる。スタッフが大切に箱に入れの中の御物たちに安置トラックの後の車両で、旅の中で外の景色を見ることができない。「道中ご無事で、1期の兄!なら楽しく遊びますよ!」平野だ。
1期に元気を朝鮮の彼の手を振って、心の中ではない味。このようにと鶴丸こう着、長年は初めてだ。彼は自分を知らないのはあの日の言葉をちょっと重いが、一期も頑固な面もあり、結果が2日、ずっと鶴丸をあわせないと。
臨した末に、やっぱり手放せない……
「平野、あなたに迷惑をかけて鶴丸殿が、彼はこの日を大事に、自分が何をして危険なこと―」
ドアを閉じると、1期間に合わないもっと話しました。
錠の落ちる音後につれて、車内に陥るの闇。そして聞こえて来た自動車のエンジンを低鳴。本当に皇居、外に行った。1期目を閉じて。なぜ胸のドキドキですか?
「一期……一期一振……」
あれ?
「一期――!」
彼は目を開けて。週りは依然として暗が、あれからエンジンのうなりに、別の声が遠くから来て、とぎれとぎれに、だんだん大きくなって。
「一期!などなど!!」
「鶴丸殿」
一期一度に跳び裏口へ向けて、車、その自動車が動き出した、彼が次によろよろと、ほとんど飛びかかったドア。「鶴丸殿!はあなたですか?」彼は真っ暗で一面に焦って門を模索している、「鶴丸殿!」
「一期!すみません!!すみません!私—」
「鶴丸殿……」1期に頬を貼って、冷たい鉄門の上で、この突然の瞬間、彼らの間のすべての齟齬が取るに足らない、分離のような感じはこのようにすべての激しいを席巻した。言うべき申し訳ないのは私が、他にもいろいろとおっしゃるがない――1期は何も言えない、ただ絶えず繰り返し叫んで鶴丸の名前。彼は見える鶴丸はあはあ車の後を追う、距離を少しずつ引き離された。そして、そのなじみの声も聞こえないので、悲しい、一期をほとんど感じない車を通り抜けた皇居の結界。