私はあなたが好きで

審神者が得意ではない恋。
もう20歳にして、しかしの上で一度体験の告白、それとも幼稚園と無鉄砲な小さい男子学生ままごと酒の時。
「子供のお父さん、私はあなたが好きで。」
「お母さん、私もあなたが好きだ。」
2人の子供を真似てドラマの中の様子、と話してポヤポヤセリフ、小さなチェーンが一緒に、指に巻いて猫じゃらしや野の花編成での小さな指輪。週囲の一群の子供は見ていて、手をたたいて「結婚!」「結婚!」そして口ずさんでないトーンのウェディングマーチ。ともかく人ふんワグナー人ふんメンデルスゾーンの問題、子供がやっと結婚を告白し、大人の世界にも十分とはミラクル一杭ました。
しかし子供の世界で一番幸せなことは、大人の世界の枠を無視して、勇敢にやりたい事でしょう。
審神者から突然羨んで小さい時の自分が来た。
小さいときの自分に、きっと大胆に走って相手の目の前には、相手の懐に飛び込んで、甘い声で大声で言う:「私は君のことが好きです!」そして短いやわらかい小腕を囲んで相手の首に、また相手の頬にキスを一口。テレビの大人たちは、好きな人は彼に教えて、そして親親彼があることができて、そして赤ちゃんとか。
もし今の自分が、たとえ相手の前に投げ出して皮に走って相手の胸に飛び込んで、気力十分に一言「私はあなたが好きです!」その勇気もなかった二本の腕を伸ばしリングの相手。と相手の頬にキスとか、相手はびっくりして自分あるいは通報の話をしよう。
「おや……」
審神者はため息をついたから相手を好きになるから、類似の妄想は止まらないし。
審査の対象者に神が好き、厳密には「人とは言えない」。人間の体は、生活習慣振る舞いなども人間と同じように、相手が論本体は刀、論本質は憑依は刀剣の「付喪神」。それでも、審神者には彼を好きになっても抜け出せ。
に至ってはこのような感情はいつ審神者の心の中に根を下ろして、またいつ芽を出した生え一面の鋤も鋤不潔な野草、審神者が自分でもはっきり言えない。まるで夜空の旅人は、あまり取り組んで星を見ていて、気づかない自分の足元にはもう一つの泥沼。
もしも審神者とこの旅人何か違うのなら、大概は旅人が生きるもがいている、審神者はただ戸惑いに高まったでしょう。
「おや……」
恋愛の中の人は馬鹿が流失の知能指数はため息に口から走って出てきた。このままでは自分にいつか聡明な城壁の付け根のあの来福。
審神者自嘲していて、息を深く吸って、まるでを嘆いてさっきつもりの口吸って知能指数
しかし、たとえ自分が賢く、好きな感情に直面しても、やはりとほう……
剛吸って帰る気のまま、また審神者ため息を出て。
もし好きな相手は、どうしたらいいのか……?
このような疑問を呈審神者手元の女性雑誌を開けました。