丸を見上げた天気

丸をめったに庭を歩く機会も少ない暇を観察するあれらの盛んな草花のだから、いつもそばにある精霊風変わりな少女、とりついたすべての注意。かすかな香りに空気中から、彼は思い出してこの神は審査者の好きなモクセイ、彼女が言っていたまでモクセイでこれらを開いた淡い黄色の花が来てお茶を浸して、醸造し、桂花糕……殘念ながら彼は味わえました。
丸を見上げた天気、太陽の光が輝いて、快晴で、彼は皮肉なものだ。と思ってすぐに彼に会えた主人を丸、嬉しそうに笑った。
庭の奥に1つの小さな池、審神者今座って池。水中映し出さの容貌と変わっていない、何が違うのだろうか。彼女はわからない。
耳後ろからの足音審神者を振り返って。
「を丸~」彼女は嬉しい。
返事がない。
審と神者を静め笑顔、心が少し恐れ、しばらくして、彼女の笑顔を絞り出して「どうしたの?今日のを丸がちょっと怖いですね。」
「そうですか」丸闻言を取り上げた勢いで、凝固の空気もつれて回復の笑顔が緩和され、彼はゆっくりと歩いて審神者を前に、大きな体を連れて圧迫感。
上からの視線を感じ、審神者は頭を上げて、丸の目をいつもの紳士が、次はほとんど隠さない野性と誇り。肌の熱そっと上昇し始め、彼女は理解できない自分がどうしてこんな時ドキドキ。忽然を丸は頭を下げて、彼は灼熱の息は通過審神者頚部の薄い皮膚浸透中の血液の中で。
耳元に声が低い、セクシーで、言葉は神のよう冰窟転落者はすぐ審。
「彼女はどこですか。「
「……私はあなたが何を言っているのかわからない……」
「私の主人はどこですか」まるで恋人を丸のように、神に抱いた者の懐にような動きは、優しさを拒否し、「私は彼女を迎えに帰りました。」
審神者話したいは無口になって、彼女を見て驚きの続々と黒ガスから飛び出すそして自分の体内に吸い込まれた丸の体内を。
「ごみのどのように殘って主人の体に?」黒ガスをを見える丸時はとても楽で、甚だしきに至っては楽しくて、彼の脳裏には満ちてた叫びと罵声。