目が覚めた時

目が覚めた時どこの方にお知らせ。
宗三自小夜と会いました江雪帰ってきて、疲れないでおこうと考え、その人見返還の物はどんな気持ちで、どう見られている。
頭があることが少ない時に居眠りを打ち始めて、夢の中では京都市に戻った。
その場所は少し慣れないまた熟知、まるで昔と操练の邸に出会い、しかしまた草木繁茂無秩序に生え、許はあれからもう来ないだろう。
庭には誰もいなくて、霧が漂って。
彼は懐かしの草花を探して、昔の二人に座っている飲酒チャットの位置、座る、などが長い間彼は眠い、やっとある人が彼を呼ぶ。
目を見開いてあちこち探しても、誰も、あの人を呼ぶ声に向かって、彼の場所へ。
「阿宗!」
「誰……」
は将軍のですか?彼は霧の中で努力するたいあの彼に手を出した人の顔が、なかなか見えない……そして将軍、どうしてここに登場。
「阿宗?」
「将軍……大人……」宗三となりの夢から覚めて、その人の前に、顔をあげることができるに当たって、自分の手をつかんで彼の服は、もう一方の手を握っているされて彼は、ほぼ全体の身体はうずくまって彼の懐。