何年も来てたね

何年も来てたね、誰もいないこの祈りの教会、神様に忘れられた荒廃。
「君は……神田…ですか?」
静寂を破られて、聞えない声のお問い合わせは、神田一瞬だけ呆然としてみました。
「ああ…あなたはよく見えない「おかえりなさい」か。」
神田に答えを約束して道を起こし、いじめる盤破石の柱の上に青藤さらさら鳴ってしまって、葉。
「時間が過ぎるのがあまりに長くて…私はもう…すぐに忘れてしまいましたよ、誰があなたをやつて来ない?とても嬉しくないよ。」
銀色の髪を太陽に彩られ、それは1つの白い服を着ているの少年を背にして、彼は神田教会の椅子に座って、ちょうど聖堂の道の果ての中央。から光が漏れで破綻のドームのけじめがはっきりしているの線、それらの年代が古いの秘宝も、瀋黙のミャンマーに瀋みで柔らかな色彩を放つ、まるでさを際立たせて、静かなこの瞬間だけ。
少年はゆっくりと背を向けて、ゆっくりと立ち上がる、日光の下であくびをしてから、少しくしゃくしゃ揉んの髪、灰色の瞳ぼかし層の黄色、しばらくそっと立って、少年に神田歩いて行った。
「なくて、私は良くて、もやし。」神田を押し石柱に手を阻止した少年の動作。彼はただ楽しみ楽しみだけ、この瞬間の静かで、久しぶりに会った彼の心は冷たい太陽の中でだんだん回復、彼はどうしよもよく分からない言葉で描いて今自分の感情を、彼はすることができて、ただ見つめ、見つめる少年が、日光を見つめている…そしてそれらの光景を、深く刻まれて脳裏の中で。
「ずっと見れないあなた…申し訳ありません。」神田若干の痛み、一反既往を露出時の考えで、彼はめったにすみませんが好きではない人も、申し訳ない誰か、少なくとも神田の心の中で、それは自分で探すのが面倒な表現するが、彼は好きでない面倒で、自分はいつもまっすぐ行って、何の余分な優しさ、余分な感情。
彼はアレン・ウォーカー以外の人は、このような。
少年は黙って、ただ軽く押し出した一つの笑顔立ち尽くして目を閉じた、まだらに影を殘して。
神田の表情に変わりはないが、明らかにさっきより来る前の暗い良い多く踏み出しました、彼は足どり、そんなに慎重。
自分に近づいて、もう三年ぶりの人、彼は心の中でたくさんの苦い、多くの波、ましてや、あの人はアレンは、自分も諦めて自由が探している理由。
その少年は、彼は新たな命よ、彼は真の神田ユウが生きていて、自分の意識で探して自分はずっと夢見たもの。
「……アレン、お久しぶりです。」