彼は雪のように蒸し失天と地の間でした

彼は雪のように蒸し失天と地の間でした。
悔しさや後悔しないと、約分かったばかりですが事実で今、あまり情報では短い狂乱だけ、それだけの重い心臓陣から鈍い約人間の心臓の負荷の殘響に堪えないだろう。
彼はひっくり返って身を入って乱雑な本のヒープに渡し、手に掛けて、平置きで、腹部を交代で足をいつまでも離れて、まるでこの座不厭の殻、泳ぎに虚無。
宗三と薬研時折彼を探して書斎、降霊人の命令を伝える、長穀部と鶴丸はこれが書斎、論点は食事時にたまたま彼の左右座っ*、その彼を成形を今の姿の大倶利伽羅から鍛冶式礼成から彼は積極的に探したが、彼もめったに見かけ男城内で活動の姿。
以上は協力を降霊人彼を召喚は世の刀剣すべきではないと『燭台切り光忠』との関係が深くですか?
あの日宗三彼と会うと長穀部らは鍛冶式の最後のステップは、他の刀剣の目撃証言」し「降世刀剣の存在を確立し、最後に大倶利伽羅行く手に乱入式は、彼を引き出すホール。相手にしっかり箍に住んでいた彼の腕は、彼は彼を恐れてからと思って、今考えてみて、相手のためにかもしれない動揺の支えとして鎮静強いだろう。
彼を持参しての館の長い道、終始無言相手。
外は晶白果てしないで、彼は手の甲に目を隠してしようと、キラキラすぎの日華と雪の光。
さっと音がドアを強力紙。
彼はカバーを開いて、目の前の手へドア、まなざしを、それよりも視覚に速いだけはひとしきり大倶利伽羅の匂い。
「新しい何かありますか。」
彼は礼儀作法によって、直ちにきちんとした姿勢をとるべきを迎えに来る人、しかし彼の一面を相手に聞いて、手へ支えとして本を力点の絶え間が不安定で、彼はかえって整個人に陥るた下中央に陥の出て、思わず声を、また手を空に向けスイング。
突然、彼の手をつかむとされ、混乱の中で相手を引き出して本は彼の渦は、水とお礼をする時、相手は彼の腕ホメオパシー二つ折りに彼の頭に、圧へ、大倶利伽羅もアクション蹲伏に従って彼に、彼はほとんど全身に大倶利伽羅の影下。
ありがとうの字はカードに迫られて喉頭され、大倶利伽羅あの熟知のきらきらした目を感じさせる、彼はなかなか言えない。大倶利伽羅の視線から彼のまぶたへ移す鼻筋、鼻筋下へ半開きの唇を探求して、更にあご耳へ、最後に彼の目を見張っ。
倶利伽羅離す制で彼の手を隠し、半面頬の髪、そして音数は可聴のため息のようにまた平凡だけど吐きだが、彼が認定は言い表せない声を含む後悔のため息。
「痛みがありますか相手のか」と彼はぼんやりして。
彼はまだ決まらない相手が質問したのは何が無意識に答えたくない、しかしその瞳に金を我慢している彼はただを象徴意味不明あるいは疑惑の単音。