世界のようにあと二人

雨上がりの夕方まみれの風されて水蒸気をもんで細胞の奥に、眠そうな目?眼でベッドに横たわって、部屋は静かだけで風に吹かれて毛の魂と孤独にさまよう声。寝る前に見たてのページを窓の外の風が吹いているされて前に翻数ページ。
試みたふにゃふにゃの手で支えるこの重い肉体とすることなくまっすぐで。昼寝に寝すぎで長いほど、今の脳は一面の空白が詰めて铅块重いようにまで窒息。私は思わず手をたたき硬直後頭部をねらって。
スリッパを履くとトイレに移し、鏡に向かって時やっと自分が元気な表情に驚いた。左手は思わず震えふいに鏡に自分のすべてをいっぱい書いて顔面の構成、悒郁の眉線、灰色の瞳、目じりの涙の存在を疑い、淡いくちびるが荒れる。
もともと研私を離れた後に、私がその格好。
もし彼はまだたら散々笑って今こんなに退廃のだろう。
水道の蛇口をひねればと思って、金属の摩擦を奇特のぎしぎし音。おだてて冷たい水で顔を洗ってそっとへ、繰り返し何度も脱いできなかったこの満面に包まれた悲しみ。そこでは放棄して、タオルで拭いてやったり、顔上のきらきら水玉。
研がの時に私達はいつもいっしょ。私は自転車に乗って海へ出かける見る夕日の夕日に撒き満天紫紅色、本屋に寄って静かに味わっているどの本にごとに1つのは本当にも幻の物語、あるいは骨董に浸る中の窓柔光香ばしいコーヒーを飲みながら。私たちはいつも一緒に。
世界のようにあと二人。愛し合って。
私は最初信じられない、私を除いて、人がいない夕日研の模様。しかし事実はこのように。
骨董品のみんなが私を理解しないなぜ行くたびに時コーヒーを二杯座って消耗に午後、街を歩く通行人はどうして私が明瞭で誰と楽しく会話。出会う前に彼らのように見えない研の笑顔私の顔の定格。
研と俺の姿は基本的に似ているが、細部描写に私たちは大きく違って。
恋人というよりは、むしろ兄弟でしょう。
たとえば何年もすべて独りで生活を味わい、無気の自由と孤独が現れたまで、あなたは彼に会って直接第一面をその定義を身内の人。だから私は大事にして彼と付き合いの時間研やので、ある意味で、彼の世界はただ私が一人で。
週囲の人はすべて私が病気になった、しかし彼らは否定できないのは私が毎日、熱愛中の怪奇現象。だからもう研以外にない人は一人もいない私に勧めし神経科病院へ検査。
しかし以来、病院に行った後、すべてが変わった。