弱虫ペダル 見ている福富と金城離れた背中

見ている福富と金城離れた背中、東堂親指ない亮起の携帯画面無意味に滑って、「心配させて、ごめん。」
「はあ~?それは当然だろう!どうやら2年間を過ごしました多くの仲間だ!は何ヶ月に连絡しなかった見知らぬ人になってしまう!」
は何ヶ月に连絡しなかった見知らぬ人になってしまう……ですか?
しかし、言わないで見知らぬ人になって、考えるだけ巻島への想いが薄くなったなら、東堂上に座って難しいと思って不安。
どうやってない優しさで東堂の肩を、荒北挑発のような口調で東堂むせ過去、「もしもしもしもし、あなたの様子は本当にとても悪くえ、以前あなたはいつもうるさくロロうるさくのを食べないでください、私達はこのを食べないでください。そしてその気持ち悪いのはずっと電話巻島は彼に体に気をつけて!なぜ今あなた自身にこんなに注意しないですか?」
「食と睡眠時間よ、訓練もリラックスして筋肉のマッサージも照チーム監督の手配。」
……ね、とにかく試合が始まる、こんなこともできない……お前、少なくとも考えるばかり小福『山の神』だけではないでしょうか?その3年を過ぎて、チームメートにわからないはずはない小福の意味でしょう!」
人差し指を巻いて固定されていないひとにぎりのカチューシャしている海、東堂鼻から間でふん何回、引っ張ることにした調子で、「それはもちろん?天が与えてくれた三つの宝物が、登坂、能弁で、これは眠りの森の美形――」回トン、東堂を少し縮れているあのの海を指すの前に、チームメート「でも、クライミングを楽しみ、信頼できる仲間、互いに競合登って坂の上で相手の良い、私を押し上げ山の神の座は、これらの人間のプレゼント。」
「よ!あなたは分かってる。」
「道理をわかるよ……しかし私は、現在、欠けてプレゼントですね。」
「はあ、巻島5分も帰っていないあなたの電話とか?」
「私があんなに誇張がない!しかし私と小巻速い3ヶ月会っていないが、この何日も连絡もない彼……」
語なかば、1と東堂自分と同じ車衣の人をこちらに向かって手を振り、東堂の名前を呼ぶ、「もしもし、東堂!早く帰ってきてから、そろそろ準備とか、――」
東堂は携帯電話用富クリップの防水スーツ、衣を挟んで車の後ろポケットに、「私は先に行った。さようなら!荒北!」
……おう、拝。荒北ハエを追うようにハンド」を振った2を出しつつ、携帯電話に金城や福富への起点にしながら観客区。
開幕前で見た三人でよかった。東堂吁した口調で、チームの休息区へ行く。
どうして巻島は分からないのですか。というか認めてくれないの?彼はこのように好きの人、交際を得たい大切な時に親友の応援してても簡単な言葉だ――巻島と彼は反対に苦手な人と交流して、まだそうとても面倒で、しかし二人はいつもお互いに慣らしたのでしょうか?
彼のために巻島たくさん変わるものだが、それさえひとつ小さな願い、巻島もいや配合……自分もその気持ちをはっきり言うのですか?しかし今でも言いたい、巻と開いて携帯電話や島たくビデオ通話をつないだ……