ラブライブ!同人!

「これが音ノ木坂学園なあ…」
私が立って音ノ木坂学園の玄関前にため息をついて、思って「また読書した……嫌だが、殘りの2つの学期は、我慢するのがいい。」
私はキャンパスの中に入っ、すぐに見られて美しい女性!
女は本当に良くて、これほどの美人!うん、あの長いて右首山吹色の髪スタイルに匹敵するモデルと夫婦どちらかが西洋血だろう。左の方もいいし、東方人の息、繋いでツインテール、胸もと金髪の美人だ。いいえ、彼女は比較的に大きいでしょう」私は心がのひと山の妄想が、私の顔に静かに歩いていく。突然、金髪の女の子に歩いてきて私に言った、
「すみません、新しく転校してきたの北野赤、北野さん(北野さんですか?私は音ノ木坂学園生徒会会長絢瀬エリ。」
「私は副会長、東条希。あなたが私に希。ところで、剛は考えて私と絵裏親誰の胸が大きいのでは?」胸の比較的に大きい美女、露出の笑顔をかみしめる。
「関西弁?でもいい条件と推測します」私はびっくりしてたい。「私は北野弘、今年の転校生、よろしくお願いします!そうだ、私はさっきあなたの体は絶対ない評論!本当に!
「希、いじめるな新しいクラスメート』エリ赤顔に希と言って。「すみません北野さん、希はたまにまともでないが、しかし、彼女はとても頼りになる!」
「大丈夫。すみませんが教務室はどこですか?私に到着しました。”
エリ:「私たちはあなたを連れて過去のおかげでください。」
目の前の金髪女性向きを変えて過去、私は彼女の後ろ姿を見見た神。
「くせにと思ってた色のことじゃないか!」希説。
「参りましたが、どうしてこんなに正確だ!」心。
私たちに着替え上履き後、教務室へ行く。私はあちこちわき見を尽くし、一面の色香が目に入る。突然私が見たのは一枚のポスター。私は歩いてよく見る、と書かれているμ」s
「ああ、私はすべて忘れましたμ」sは、この学校のアイドルグループ。
「君も聞いたμsね」?見たところ私達の演技はとても成功だ!
「うん、私はとても好きですあなたのスタート:Dashメロディー、服装のデザインはとてもすごくて、僕も好きとさくらのライブくんとのライフのステップ………………………………など、「あなたたち」のμ」s?まさか!!
「あなたもハズレよ!私と絵裏親は、μsのメンバーだよ!μ」sのダンスの基本はすべて絵裏親の設計である。
「すごい!まさか生徒会長はこんなに多芸多才!」
「あれは何の称賛に値することとか絵裏といえば。
「エリ!希!おはよう!え?男の子ですか?」非常に可愛い声が響き。
「この声を…………まさか!」私の心に浮かべる姿を縛って、ツインテール、よく自信の眼差しがにじみ出て、常にアイドルになりたいと、よく元気いっぱいの少女。
「ああ!山奥先生は昨日ずっと探してるよ!」希にあの少女は言う。
「しまった!忘れた世界史の勉強に渡し!お先に」少女は慌てて走って。
「北野さん、教務室の前で、私たちはここに送り届けた」エリ。
『感謝会長と副会長の手伝い!すみませんが、学校の軽音部部長は誰?」
「申し訳ありませんが、本校軽音部の人の全てを卒業した人はいないから、そして廃部になった。」
「また帰宅部部员が、はい!」
「もしあなたを見つけることができる5人の部员と、学生に提出申請!」
『感謝東条さんの注意して、私は私が帰宅部部员は少し良くて、家に帰ってちょうど私の好きな番組を見ることができる。」
「もしあなたを見つけて部员学生を探しにくることができます!あの、あなたと私と絵裏親より、誰の体は良いですか?」希再び玩味笑顔を見せて。
「希!」エリやけくそになる。
「そのままの、私の回答拒否!」
』だよ!殘念。まあ、あなた今日しかしラッキー日よ!」という希1枚取り出してタロット。
「この人……見えないどう信頼性の高いなあ…」
「私はここで、前は教務室、のちほど、北野さん。」
希とエリ上層へ行く。私は制服を整理して、ひとまとまりの素樸な制服、シャツ、ズボンや緑間条スタイルのネクタイ、教務室のドアをノックした後。
「すみません、3年C組の山内先生はいらっしゃいますか。私は新しく来た転校生北野赤。」私は駅で教務室のドアの前で。
「ああ、あなたは新しく来た転校生北野よ、君はあの私などは、私が最初に次の授業の教義を持って、そして教室へ行きます。」中を成熟の声が聞え。
数分後、私と見殘してや肩髪で、女性の先生を贮めて眼鏡。
あなたは新しく来た北野クラスメートだろう、私と来ましょう。」私に従って山内先生に3年C組の教室。
“あなたは1人の男の子女子校はどう便利でしょう、あなたと男の先生たちが共用地下のトイレ、更衣室でも教員専用です。」
「そうだよね、確かにどう便利ですね。」
「着いて、ここは3年C組の教室、入ってと学友達に挨拶をしましょう!”