巨人の進撃!

「私はいつ寝ている」亚里斯大きなあくびをした。見てみたい枕元の目覚まし時計を聞いて、窓の外の鳥が鳴いて、明らかにはもう大の朝。
「利ウィル?」亚里斯瀬踏み叫ぶ。
何もない話題。
「利ウィル!!!君の手を離さ!」亚里斯よじった妄想を自分の手で相手の禁錮腰、結果も妄想。この数年来、少年は乗り越えてきた何か、ときに、すでにひっそりと強くなる。
「触るな」利ウィル不意に顔を埋め亚里斯首の巢の中、温かい雰囲気を感じさせるむずむず。
亚里斯怖がっていない勇気が。
一時間が過ぎ。。。「利ウィル!私は起きました、あなたが死んだ小僧!」亚里斯明らかな感じの背後に人のいやがる、すぐさま利ウィル手を離し、亚里斯ため息は、ベッドかに見たシャツ。
本能の洗面直後に台所に自分でやるの朝食。
「料理ができますか?」
「死のちびは私にあなたの驚きを片付けて。」亚里斯果断に自分の1部がキッチンに食べて。
利ウィル見た皿の別の朝食、かすかに笑う。
「やあやあ~利ウィル、今日また新兵審査、お先に。」亚里斯口には一片のパンをくわえて、1匹の足に調整していますすねのベルト。
「うん。」利を眺めて亚里斯ウィルに「運動のいい。」
「え?、ありがとう」亚里斯笑うが、利ウィル手を伸ばして下腹部に人、口と:「うん、筋肉を釈放しすぎないの。」利ウィルの手を借りて腰肢緩やかに移し、更に迅速に胸を肩にかけて、滑り止めの手に握って、最後に指を離す。
相手が薄い繭手の感触を隔てて生地かすかに聞こえ、亚里斯不可解な感じの顔は発熱して「利ウィル、私、お先に。」彼は顔が赤くて唇を覆って服を着て迅速に逃げる。
利ウィル見て人の後ろ姿を見て、更に自分の両手。
心の中にある言い表せない喜びを感じて。