変わった幼馴染③

本当に馬鹿な子だ。爆豪の指が少しこわばってため息をついた。「こんなの、失礼だぞ。」と言いながら指が髪から頬に移ってから、その柔らかい頬を軽くこねった。これは出久の温度だ。爆豪の心は不意にキューンとした。 「よし、授業が始まる。花はもらうから…

変わった幼馴染②

だが、苛立っても無駄ではないか?さらに、熱くなるのだろう?むしろ、我慢したほうがいい。 「勝っちゃん!」と緑谷出久がピカピカと目を瞬き、そばかすがある頬が上がったテンションで薄紅になった。「これ!勝っちゃんに贈るものだよ!」 「あなた......…

変わった幼馴染①

爆豪勝己はおかしいぐらいとても冷静でいる。 轟が窓口から最後のラーメンを取っていくとき、普段ならきっと『ツッ』と不機嫌な顔をする爆豪はとても静かに轟を一瞥してから、別の窓口に行って粥でも買った。鈍感な轟焦凍はこの微妙な変化にすら気づいていな…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い④

「うん――承知しました、謙信様。」 この時、景家が自分の太ももを叩いて、「謙信様は赤ん坊の幽霊の他に、まだ何かが祟っているとおっしゃいましたでしょうね。」 「......景家、この世界に幽霊とか妖怪とかが本当に存在するって信じてんのか?」と兼続が小…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い③

「よし、兼続。」と謙信が言った。 「そうね、オレも、景勝の意見と同じだ。」 「父上――。」 表情がさっきと変わってないが、景勝がちょっと嬉しくしっぽを揺らしている。謙信もこの一瞬だけに、景勝を見る目つきが柔らかくなった。でもすぐに眉をひそめてみ…

ニーアオートマタにいらっしゃい

異星人の侵略により、人類は月に追われた未来の地球を舞台に、地球の奪還を目指す人類は作ったアンドロイド兵士部隊、「ヨルハ」部隊、「2B」「9S」「A2」を主戦力として異星人の製造した兵器「機械生命体」と戦う物語です。 ヨルハ二号B型は戦闘タイプのヨ…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い②

謙信と色が近くてキレイな耳としっぽは思考するように動いた。景勝はとても慎重だが、きっぱり言い出した。 「ウワサを確かめたほうがいいとお......思ってる。」 「なによ、景勝、心に考えがあったら、さっきなぜ言わなかったか。謙信様はもしアナタを聞か…

アイドリッシュセブン――異世界(2)

七瀬陸:「だから落ち着いてって!...おい、来たぞ!」 エイリアンズ:「ようこそ、ビクトリアへいらっしゃいませ。」 七瀬陸・四葉環:「ビクトリア?」 エイリアンズ:「あなたたち二人はエリザベス様に選ばれた人間です。」 七瀬陸:「選ばれた?なにに?…

アイドリッシュセブン――異世界(1)

七瀬陸:「おい、環!おい!おきろ!おい!」 四葉環:「な...なに?...えっ?ここ...どこ?」 七瀬陸:「覚えてないの?昨日の夜!」 四葉環:「昨日?夜?......あっ!奴らはいま!」 七瀬陸:「シー!声デッカイ!今どこにいるか知らないけど、体動けるか…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い①

「うわさでも、ほうっておいてはいけない。幽霊を恐れるのじゃなくて、そんなにたくさんの人が赤ちゃんの泣き声を嫌い始めたからには、その間に、本当に誰かの子供が泣いてるじゃないだろうか。もし風や他の音なら大丈夫だけど......これより、村民の子供が…

人生の勝者――小学生の審神者③

伊達正宗: 初めて会ったとき、小学生の審神者を傷つけそうになってしまった。結局、6歳の子供が大泣きしてたまらないので、仕方なく自分のしっぽと耳を出して彼女を慰めた。その後、彼女と会うたびに「しっぽがほしい」とそう言われるため、どんなにいやで…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑨

そしてみんなが一緒に拍手しながら誕生日の歌を歌った。とても感動した夜は涙も出した。自分の泣き顔を見られないために、そばの棚から八月のうさぎを取って顔を遮ろうと思った。陽は夜の頭を撫でて顔に付いた涙を拭いてあげた。 「誕生日で泣いちゃダメだよ…

ツキウタ。――青春じゃないか

文月海:「涙!朝食だぞ、早く起きろ!」 水無月涙:「う...ん...へえ?...まだ六時?...ツッ朝っぱらなんだよ、こんな早いってどうする?...せっかくの休日、寝坊させてよ!」 文月海:「お前さ、郁といっしょに青森に行くって約束忘れてたか?早く出発しな…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑧

「よし~夜、まずは、ファンたちと挨拶しようぜ。~~」 「あ?」 夜は振り向けたら、何が何だかさっぱりわからない自分の顔がパソコンに映った......そして、弾幕はパネルを占領した。陽が夜の手を繋いで彼をパソコンの前に連れて座らせた。 部屋中は全部夜…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑦

本当に大変な一ヶ月だね。準備が始まる日から、夜に気づかれないように気をつけると同時に、この月に発売された限定グッズを手に入れるにはサブ垢のファンたちと先を争わなければならない。結局、2台のスマホと3台のパソコンを全部使ったが、三点しか得な…

人生の勝者――小学生の審神者②

光秀母ちゃん: 小学生の審神者が学校から家に帰って、いつも補血の効用がある和式デザートを用意しておく。普段、どんなに忙しくてもプレゼントを買って小学生の審神者に贈るのを絶対に忘れない。 蘭丸: 小学生の審神者に対して距離感なんてほとんどお生じ…

人生の勝者――小学生の審神者①

学校からの帰り道で小学生の審神者はランドセルを背負って神歯の世界に入った...... 織田組(真田組に偏っている): 小学生の審神者:「軍事訓練、脅かし?ふん、そんなもんないよ。」 信長総裁: 6歳の小娘への忍耐力が異常に高い。「今度また断ったら殺…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑥

その巨大なジグソーパズルを見てから、夜は驚いた顔で陽の部屋をあちこち回って自分のグッズを見ている......夜はそういうのにあまり関心を寄せないので会社で自分のグッズがこんな大量に作られたのを初めて知ったのだ...... 「お誕生日おめでとう~夜」 夜…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑤

自分を中に押し込めようと思った陽を見て、いっそ彼の腕をしがみついて中にどうにも入らないことにした。 「大丈夫だって、ほら、よしよし。」と陽がまだ警戒している夜の頬を軽く捏ねって言って自分がドアを開けに行った。 部屋中は全部夜だった。夜は目を…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた④

夜は困った顔で陽の部屋のドアを見ていて、たまには後ろへ振り向けて自分のパート ナーをこっそり見ると、ファンたちは生放送でそうしか見えないが、一体何があったか...... 「ドアを開けたらわかるから。」と陽が目線で合図した。夜は陽の部屋のドアをジロ…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた③

ああああ、それは帰ってみんなに作ろうと思ったのでもっと詳しく味わって中身にどんなものがあるかを知りたいからだよ! 生放送を見ている夜は石になったようだ。ファンたちは弾幕で夜にいったい何をしたかと陽に詰問した。 Procellarumのリヴィングにもう誰…

戦刻ナイトブラッド ――小学生の審神者が本丸に戻った後

織田組: しばらく行方不明になった審神者ちゃんは無事に家まで送られてきたので、刀剣のみんなは泣かんばかりに喜んでいる。だが、審神者ちゃんが失踪したときに何が起こったかを知ったら、みんなが怒ってぜんぶ抜刀した。 赤ちゃんの時から大人になるまで…

One piece―― 一番愛する弟だ⑨

『白髭の海賊団』の一員になるのはエースにも思わなかったことだ。初めに、彼が白髭に挑戦するつもりだったが、失敗して『クラブの海賊団』までも白髭の中に合弁された。 白髭が本当に強いということに文句がないが、エースがそんな簡単に他人に屈服するタイ…

One piece―― 一番愛する弟だ⑧

海に出る前の日の夜、彼はルフィの額にキスをした。ルフィがぐっすり眠っていてヨダレも口元から垂れてしまった。エースが彼のそばに座ったままで、一晩中ずっと彼の寝顔を見ていた。再会はきっとずいぶん先の話だということが、彼がわかったから。 エースは…

One piece―― 一番愛する弟だ⑦

エースはだんだんおとなしくなったが、ルフィは相変わらずせっかちな性格で喧嘩がよくあることだ。負けるのもよくある。 ルフィは彼が嫌いなガキから彼が必死に守ろうとする人になった。ルフィは彼にとって掛け替えのない人なのだ。彼のことをますます大事に…

One piece―― 一番愛する弟だ⑥

しかし、穏やかな日々はやはり終わりを迎えた。 サボの父親がサボを見つけて海賊と抱き込んで彼を強引に連れて行こうと思った。彼らの安全のために、サボが夢を諦め、王宮に戻ると彼の父親に承諾した。エースは怒っても何もできない。 「クソ!それはオレた…

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた②

夜は出来上がったカレーパンを鍋から挟んで取り出して天紙が載せたさらにおいた。 「携帯、あるか?」陽が厳しい顔で寄ってきた。――急に厳しい顔がした彼が夜をびっくりさせた。「僕の携帯は電源が切れたので...何があったか?」 よし。じょうとうだ。 「夜…

One piece―― 一番愛する弟だ⑤

彼に生きていってほしい人がいるか。彼が人に必要とされるか。 他人が近づくのを拒むと同時に、誰か彼の世界に入って彼に命の意味を教えて欲しい。 本当に矛盾しているね...... エースは思わず拳を握った。まあいい、こいつは馬鹿で泣き虫だけど、ちゃんと生…

ツキウタ――夜は怒った⑧

このあと、夜を連れて戻ってからどうやらもう一回の戦いが待つようだ。まだ実家にいたときにオヤジから武術をちゃんと勉強したら良かったのに! 自分がそんなに弱いわけでもないが......始に勝てるのかな........ 幸いなことに、実際の状況は恋の言ったよう…

One piece―― 一番愛する弟だ④

エースとアボが武器を持って彼を助けに行ったら、そのガキが傷だらけで縄で吊られていた。もう少し遅かったら彼はたぶん死体になるだろう。 彼はいったい何を執着している...... 彼が泣いている様子は本当に不細工だ。なぜ言わないと彼に聞いたときに、言っ…