刀剣乱舞――死神の世界⑤

「この様達はね......みんな子供のように意地になって争いますね。彼はいいものを持ってるならば自分も負けずにもっといいものを手に入れないとダメだと、いつまでもいつまでもお互いに比べ続けます。」 「シーー、バカなことをいっちゃダメだ。」 「なんだ…

刀剣乱舞――死神の世界④

「ただの暇つぶしだよ。」と死神が答えた。 そして、三日月は鶴丸を連れて中へ入った。 「三日月様、お帰りなさい。」 「三日月様、お帰りなさい。」 「三日月様、お帰りなさい。」 三日月はすこしだけ頷いて彼らに応じた。鶴丸は骨の翼を開いて堂々と死神の…

刀剣乱舞――死神の世界③

三日月は握られたほうから握った方に変えて、二人が煙と化して消えた。 鶴丸が再度目を開いたら、前に何遍も想像した、濃い霧が漂っている荒れ果てたところではなかった。ここはもっと国会ビルや役所のようなところである。数え切れない黒いスーツの死神は忙…

刀剣乱舞――死神の世界③

「オレもわかんないけど、地獄よりマシだろう。」と悪魔は顎に手を当てて言った。 「本当?」 「本当だ。オレについて行くと地獄に行っちゃうよ。世界に地獄ほど最悪なとこないから。オレがずっと人間の世界に滞在するのは理由がないことないよ。」 「犯人が…

僕のヒーローアカデミア――10までカウントダウン③

緑谷は家に帰ってからまたその本を出して両手の掌に乗せた。そして学校ですでに考えた問題を心で黙読している。 「勝っちゃんは実は、僕のことが嫌いじゃないよな。」 10秒ぐらいして本を開いて見たら 『もちろん。』と書いてあった。 「よかった!」 「な…

ツキウタ――恋人が一番キュンとさせる瞬間③

新:wow この問題、面白いな。彼が舞台に立って歌うとき、舞台の灯具が彼の髪、体、顔と目を照明してどこでもピカピカって輝いてるな。うん、とてもキレイだ、まるで隣国の王子様みたいだ。(なぜ隣国の?)まあ、ただ勝手に加えた修飾語だけだから。でも残…

刀剣乱舞――死神の世界②

「アナタに付いて行けませんか?」と佐藤明希は涙を拭いて悪魔に言った。 「お前はただ、そいつのとこからしばらく借りてきただけなんだ。オレと確かに悪魔の契約を結んだけど、その日の前に死んだ場合は死神に支配されることになったな。」と鶴丸は言い、「…

Fate Grand Order――好きな人

12時になって放課のベルが鳴いた。みんなは屋上に集まってご飯を食べたり、チャットしたりしたいる。 ウェイバー:「君、焼きそばパンしか食わないのか?」 ギルガメッシュ:「ヽ(;▽;)ノあは、月末だからもう貧乏人だよ...セイバーの弁当、おいしそう!」 …

刀剣乱舞――死神の世界①

「ただ遠くから犯人を一瞥しただけだからまりはっきり見えなかったって。」と鶴丸が言い、「光ちゃん、ペンを。」 燭台切は彼にペンを彼に渡した。佐藤明希の思い出したことによって鶴丸は犯人の似顔絵を描いた。 「......絵もできるか?よく描いたな。」と…

ツキウタ――恋人が一番キュンとさせる瞬間③

でもこの話を彼に聞かせちゃダメだよ、自分のことを一番頼れるって彼がいつもそう言っているからね(笑)。その......さっき話してたことは少し話題から逸らしたかな?......ないか?よかった。 新:wow この問題、面白いな。彼が舞台に立って歌うとき、舞台の…

Fate Grand Order――ギルティ⑥

だが、彼らの前に現れたのはデカくて歳月の跡だらけの城門だと思ったら、それは愉快な冗談だ。ここはボのある時期に、悪魔たちはこんな退屈な生活をちょっとだけに変わりたかったので、お茶話会の後で人間の階層的制度に真似することのある時期に、悪魔たち…

ツキウタ――恋人が一番キュンとさせる瞬間②

夜:この問題はインタビューの一環なのか?答えなければならない問題じゃなければ、答えなくていいか?......まあいいか。うん......先週、私たちは子供とやり取りするテレビ番組に参加した。彼は子供と一緒にいるのが苦手だって思ったけど、完全の思い込み…

Fate Grand Order――ギルティ⑤

「うるさい。」ギルガメッシュが指で卓を叩いた。「私たちが各区に潜入させたスパイからの情報により、ウェイバーはいまアルデアに滞在、具体的な場所がまだ知らないけど連れて行ったとするが二度見かけたことある。だから、アイト、私とそちらの監視を今回…

Fate Grand Order――ギルティ④

悪魔たちは悔しくてと繁殖する可能性が極めて低い。それで王とか庶民とかという階層を分ける必要もない。でも、昔のある時期に、悪魔たちはのか。おもちゃなら数え切れないぐらい多くて植物から動物まで、人間から神まで...何か。私要もない。でも、昔のある…

Fate Grand Order――ギルティ③

悪魔の格付けはそれでは簡単になった、つまり悪魔とおもちゃという二つに。そして住む場所なのだ。執事がお主を抱えて無人地帯を通り過ぎた。私たちが口にする悪魔というものは解釈しなくてもどういうものだかはっきりわかるはずだ。葉と葉は広く隔ているが…

Fate Grand Order――ギルティ②

魔界と人界の差がすこぶる大きい。数万年以来、こんな長い歳月の沈殿にしても悪魔の数はただ百に近いに過ぎない。悪魔の身体上の欠陥がある一方で、感情が薄いので結局悪魔のことさえ話せば天使と神たち、このまま長くなったら、神界のそれで王とか庶民とか…

Fate Grand Order――ギルティ①

罪の城、ここは多くの悪魔が娯楽、そして住む場所なのだ。執事がお主を抱えて無人地帯を通り過ぎたときに彼らの前に現れたのは魔界の核――罪の城なのだ。だが、彼らの前に現れたのはデカくて歳月の跡だらけの城門だと思ったら、それは愉快な冗談だ。ここはボ…

僕のヒーローアカデミア――10までカウントダウン②

「おい、デク。」 「あ......勝っちゃん......」と緑谷はまだ自分の悲しみに暮れている。彼は今までずっと爆豪のことを親友として見ている。他人から見れば、彼がただ一方的にそう思っているが、爆豪もそう思っているかなとずっと信じている。せめて普通な友…

うたの☆プリンスさまっ♪――神社失踪事件

この前の戦いが終わった後、もう一ヶ月経ちました。高天原に正式的に籍をおいた音也はひより、真斗と先代恵比寿の影響で福神になろうと決心をついて頑張っています。相変わらず、音也は昔のように五円の賽銭で水道管修理とかコンビニのバイトとかなどなんで…

僕のヒーローアカデミア――10までカウントダウン①

緑谷出久はネットで占い師と名乗る人から本を一冊買った。本の名前は<何でも解答できる本>だ。 出久は本を両手で持って目を閉じて、そして心で自分の問題を黙読した。 『勝っちゃんは僕のことを友達に思ってるか?』 10秒ぐらいすると本を開いてみたら …

変わった幼馴染③

本当に馬鹿な子だ。爆豪の指が少しこわばってため息をついた。「こんなの、失礼だぞ。」と言いながら指が髪から頬に移ってから、その柔らかい頬を軽くこねった。これは出久の温度だ。爆豪の心は不意にキューンとした。 「よし、授業が始まる。花はもらうから…

変わった幼馴染②

だが、苛立っても無駄ではないか?さらに、熱くなるのだろう?むしろ、我慢したほうがいい。 「勝っちゃん!」と緑谷出久がピカピカと目を瞬き、そばかすがある頬が上がったテンションで薄紅になった。「これ!勝っちゃんに贈るものだよ!」 「あなた......…

変わった幼馴染①

爆豪勝己はおかしいぐらいとても冷静でいる。 轟が窓口から最後のラーメンを取っていくとき、普段ならきっと『ツッ』と不機嫌な顔をする爆豪はとても静かに轟を一瞥してから、別の窓口に行って粥でも買った。鈍感な轟焦凍はこの微妙な変化にすら気づいていな…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い④

「うん――承知しました、謙信様。」 この時、景家が自分の太ももを叩いて、「謙信様は赤ん坊の幽霊の他に、まだ何かが祟っているとおっしゃいましたでしょうね。」 「......景家、この世界に幽霊とか妖怪とかが本当に存在するって信じてんのか?」と兼続が小…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い③

「よし、兼続。」と謙信が言った。 「そうね、オレも、景勝の意見と同じだ。」 「父上――。」 表情がさっきと変わってないが、景勝がちょっと嬉しくしっぽを揺らしている。謙信もこの一瞬だけに、景勝を見る目つきが柔らかくなった。でもすぐに眉をひそめてみ…

ニーアオートマタにいらっしゃい

異星人の侵略により、人類は月に追われた未来の地球を舞台に、地球の奪還を目指す人類は作ったアンドロイド兵士部隊、「ヨルハ」部隊、「2B」「9S」「A2」を主戦力として異星人の製造した兵器「機械生命体」と戦う物語です。 ヨルハ二号B型は戦闘タイプのヨ…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い②

謙信と色が近くてキレイな耳としっぽは思考するように動いた。景勝はとても慎重だが、きっぱり言い出した。 「ウワサを確かめたほうがいいとお......思ってる。」 「なによ、景勝、心に考えがあったら、さっきなぜ言わなかったか。謙信様はもしアナタを聞か…

アイドリッシュセブン――異世界(2)

七瀬陸:「だから落ち着いてって!...おい、来たぞ!」 エイリアンズ:「ようこそ、ビクトリアへいらっしゃいませ。」 七瀬陸・四葉環:「ビクトリア?」 エイリアンズ:「あなたたち二人はエリザベス様に選ばれた人間です。」 七瀬陸:「選ばれた?なにに?…

アイドリッシュセブン――異世界(1)

七瀬陸:「おい、環!おい!おきろ!おい!」 四葉環:「な...なに?...えっ?ここ...どこ?」 七瀬陸:「覚えてないの?昨日の夜!」 四葉環:「昨日?夜?......あっ!奴らはいま!」 七瀬陸:「シー!声デッカイ!今どこにいるか知らないけど、体動けるか…

戦刻ナイトブラッド――上杉の戦い①

「うわさでも、ほうっておいてはいけない。幽霊を恐れるのじゃなくて、そんなにたくさんの人が赤ちゃんの泣き声を嫌い始めたからには、その間に、本当に誰かの子供が泣いてるじゃないだろうか。もし風や他の音なら大丈夫だけど......これより、村民の子供が…