リメンバー 真夏の夜の夢①

真夏の夜の夢 新カード 画像 情報[夢の狭間で]瀬名 泉 通常/才能開花 ☆5/Da[明日を見る夢]遊木 真 通常/才能開花 ☆5/Vo[自愛と慈愛]鳴上 嵐 通常/才能開花 ☆4/Vo[仲間の先導]氷鷹 北斗 通常/才能開花 ☆4/Pf 真夏の夜の夢☆3カード 画像 情報[夏の気…

スカウト!フローズンアイス

フローズンアイス新カード 画像 情報[複雑マーブルアイス]仁兎-なずな 通常/才能開花 ☆5/Pf[ソルティソルベ]影片 みか 通常/才能開花 ☆4/Da[フルーティアイス]遊木 真 通常/才能開花 ☆3/Pf[アソートアイス]葵-ゆうた 通常/才能開花 ☆3/Vo ☆5カード:…

刀剣乱舞――破壊セリフ

キャラ名 毛利藤四郎 っもう…終わりか…大した、ことも、出来ないまま… 今剣 そらが……きれい……むらさきの、くも、が…… 平野藤四郎 困りました……どこまでもお伴すると、言ったんですが……厚藤四郎 まぁ、仕方ないよな……お先に行くわ……みんなは、ゆっくり来いよ…

刀剣乱舞――審神者たちのエロ本を不意に見つけた場合②

圧切長谷部自発的に審神者の部屋を掃除する時に見ちゃった 初めに普通の本だと思っていた「主人の本......お主の物なら......ちょっとだけ見たら大丈夫かな。」 開いてみたら、こんなにたくさんエッチのものがあるとは思わなかった。 鼻血を拭きながら最後の…

刀剣乱舞――審神者たちのエロ本を不意に見つけた場合②

圧切長谷部自発的に審神者の部屋を掃除する時に見ちゃった 初めに普通の本だと思っていた「主人の本......お主の物なら......ちょっとだけ見たら大丈夫かな。」 開いてみたら、こんなにたくさんエッチのものがあるとは思わなかった。 鼻血を拭きながら最後の…

刀剣乱舞――審神者たちのエロ本を不意に見つけた場合①

明石国行 「おや、お隠しもの?」急に面白くなってちょっとめくってみた。そしたら、艶かしい女と男の姿が目に入った。「あ......こんな本か、まあまあだな......」と言い終わったらすぐに夢に入った。見つけられるまで包丁藤四郎 飴を舐めながら静かにめく…

王室教師ハイネ――国王とエルフ④

ヴィクトールはため息を付いてなんか小さな迷惑を拾ったなと思っている。 「ここはこんな広いが、どこに住むのか?」ヴィクトールが聞いた。 ハイネは答えなくて窓際に飛んだ。そして小さなポケットからさらに小さなものを取り出した。豆のようなものなんだ…

ビクトール(成年)

彼と結婚して子供を産んだあなたが車椅子であなたの王子様たちが遊ぶのを見ていて、心が無情な幸福感に満ちている。昔人々が貴方たちの結婚を反対してその悲しみを思い出したら思わず涙を流した。 ちょうどその時、ヴィクトールがここに来てあなたが静かに泣…

ハイネ(成年)

ビクトールの助けで子供たちの衣装と食事も穏やかになって、ハイネも子供たちを教えるために立派な大人になった。 今日、ハイネがビクトールにわざわざ差し向けられた馬車に乗って王室教師として王宮に王子様たちに知識を教えに行った。すでにハイネの妻のあ…

ビクトール(幼年)

小さい頃からずっとビクトールのことが好きで、ビクトールの未婚王妃として青年になるとキレイに彼と結婚すると思ったが、ある事故で両足を失ってしまった。そのため、あなたが卑下の螺旋に陥る。 あなたは部屋にこもった。親が心配してどう慰めても仕方が無…

ハイネ(幼年)

あなたはハイネと一緒に大きくなったのだ。孤児の貴方たちはこの暗い下水道で住んでほかの子供達とお互いの頼りになって暮らしていた。 あなたが特別の情況にいて普通外へ食べ物を探しに出るのはほかの子供の任務だ。あなたが主に小さい子供の面倒を見るので…

王室教師ハイネ――国王とエルフ③

「......」 「この無礼者!!」 「プチ」あ、今度の火は何秒か続いた。 国王として手のひらサイズで小さな炎しか出せない可愛いらしいエルフに責められた。 ヴィクロールが頭の小さい腫れに触っている。魔法で傷つけないのに気づいたハイネは、そばの本を取…

王室教師ハイネ――国王とエルフ②

小さい目とビクトールの青い目と合わせてお互いの顔を見つめている。 そして、その小さいものがどこからか小さい棒を取り出して彼に指す。 突然、火がビクトールの前でぱっと爆発した。 「プチ」とすぐに消えた。 「プ――」ビクトールが我慢できなくて笑った…

王室教師ハイネ――国王とエルフ①

国王がエルフを拾った。 事務室の国王ビクトールが机の真ん中に乗せられた小さいのを見つめて、とても複雑な表情をする。手のひらサイズで腕とももが細くて背中に小さくてキレイな翅が付いている。この正体不明な生物はいま顔を下に向けてじっとしている。 …

A3!――大人の修学旅行⑭

紬:「すみません、私たちもやりすぎて......」 臣:「本当にすみません。」 左京:「......いいから。俺も言いすぎた......」 東:「いろいろ考えてくれて本当に嬉しかったよ。ありがとうね。」 東:「その計画にほかに何かあるの?」 太一:「あるよ!もち…

A3!――大人の修学旅行⑬

【部屋で】 太一:「俺のせいだ......大人の修学旅行やろう~って。」 丞:「いや......俺たちも、こんな年なのにこんなに騒いでて。」 紬:「そうだね、太一くん一人のせいじゃないよ。」 密:「僕も、投げた、枕......」 万里:「なんといっても、みんなで…

A3!――大人の修学旅行⑫

泉:「ここにもいない......まだ探してないとこ、ある......」 泉:「左京さんどこに行ったんだろ。」 東:「監督」 泉:「東さん、どうしたんですか?」 東:「監督に付いて私も探しに来た。」 泉:「すみません、ありがとうございます。」 泉:那个……大家…

A3!――大人の修学旅行⑪

十座:「ふ!」【投げる】 丞:「【キャッチ】兵頭の腕力、やっぱ強いな。おら!」【投げる】 誉:「丞さんと十座くんの投げ方は素晴らしいな。もしかして二人とも、枕を投げる道場にも合格したのか?」 丞:「そんな訳無いだろ。そもそも枕を投げる道場って…

A3!――大人の修学旅行⑩

臣 :「シュッ」【投げる】 誉:「あら、危ない危ない。【避けた】ふふ、威力があるけどちゃんと避ければいいね。」 誉:「素早い素早い~蝶のように楽勝に避け......」 誉 :「ワウ」【当てられた】 東:「こう、投げたら?」 臣:「もっと勢いを出していい…

A3!――大人の修学旅行⑩

紬:「はは、みんなが嬉しいからいいではないですか。どうぞ、コーヒーミルク。」 紬:「左京さんはコーヒーミルク派だよね。」 左京:「......どうしてそんなこと知ってんの。」 紬:「citronさんの情報から。」 左京:「......。」 東:「そういえばここの…

A3!――大人の修学旅行⑨

十座:「......!」 太一:「あはは、十座の肩に当たった~!」 紬:「ハハ、ごめんごめん。」 密:「う......ぐるぐる......【ぐっすり眠った】」 誉:「おいおい、密くん、浴槽で寝るなよ。完全に沈んだ。」 密:「......ぷは。【起きる】」 東:「丞の体…

エースリー~ステータスとプロフィール①

R【異邦人】古市左京のプロフィールとステータスについて紹介します。 年齢:30歳 誕生日: 11/23 身長: 178cm血液型: A型 職業: ヤクザ イメージフラワー: きく趣味: 映画鑑賞・読書(なんでも)・プチプチCV: 帆世雄一 Co 832 Ac 1121 Sr 1412親密度 0/200…

A3!――大人の修学旅行⑧

太一:「監督先生!」 泉:「あ、太一くん。ほかのみんなは今はシャワー?」 太一:「そうよ!今からみんな裸で向き合うよ!」 丞:「こんなたくさんの人と温泉するか......」 太一:「いいじゃない――!みんなで賑やかだろう!」 東:「ふふ、たまにはいいか…

A3!――大人の修学旅行⑦

誉:「よし、次は俺の大事にした詩を発表させていただこうじゃないか!」 誉:「うんうん~ハートはホット、ホートでエレガント、温泉旅館でポッカポカポーカーフェイス。」 酔っ払った客C:「わかんないよ―――!」 誉:「ふむ、カリスマ芝居として芸術性はや…

A3!――大人の修学旅行⑥

泉:「カリスマ演出と言われても......」 紬:「だ、だけど今の雰囲気は断れない......」 太一:「よ~し、俺に任せて!」 太一:「一番、七尾太一!登場!!愛の舞、ミュージックスタート♪」 【ダンス】 万里:「出た、太一のお得意な愛の舞。」 酔っ払った…

A3!――大人の修学旅行⑤

【宴会場】 十座:「ここ......宴会場か。」 左京:「旅館の支配人と主人とも相談した。安いレンタル代の代わりに、公演を行うことになったのだ。」 紬:「えっ、公演ですか?」 左京:「この旅館で毎日も異なる演出、あるいは娯楽活動があって、主に旅行劇…

A3!――大人の修学旅行④

泉:「なるほど......二人とも修学旅行に行ったことがないって、相当にいい提案だ。」 太一:「だろ~!」 泉:「じゃあ、いま左京さんと東さんがいますか?」 臣:「東さんが先に温泉に行ってみると言ったね。左京さんならいつ行ったか知らない――」 左京:…

A3!――大人の修学旅行③

【旅館内】 臣:「ふ――なんだか、絵の中のレトロ旅館みたいだな。」 万里:「......ずいぶんボロだな......」 誉:「そう?こんな普通じゃないの、いいじゃん、結構気に入ったよ!」 【部屋】 紬:「わあ、大きい。」 誉:「こんな懐古的な雰囲気......詩へ…

A3!――大人の修学旅行②

左京:「ああ、練習場はいま春と夏組が使用中だから、俺たちも練習できないよ。」 左京:「俺たちが特別練習するとき、春と夏組も合宿に行ってただろ。」 泉:「そう、みんな一緒にキャンピングに行った。」 泉:「だから、今度は......ちょうどこれを考えて…

A3!――大人の修学旅行①

泉:「ただいま~~」 臣:「おかえり、ご飯できたよ~」 泉:「いい匂い!今日もうまそうだね。」 泉:「え?夏組のみんなは?まだ練習中?」 臣:「そうだね、まあそろそろ終わるけど。」 紬:「今は春と夏組が特別練習だからね。すごく頑張ってるみたいだ…

王室教師ハイネ――質問検定②

リヒトがコッソリ働いてる所で名乗っている名前は? リヒャルト:「流石ですね...リヒャルトさん」リッチ:「おーい、リッチ~!」リヒァルト:「リヒァルトだよ♥☆⌒(>。≪)」リュッチ:「リュック?......」●ハイネは何と間違えられるのが大嫌い? 王子:「庶…

王室教師ハイネ――質問検定①

カイのお気に入りのふにふには誰? ブルーノ:「どうして僕が!?」レオンハルト:「ふにふにする時の兄上は和んでるな」リヒト:「俺は正直言うと女の子にされる方がいいな♥」 ブルーノ:「この恥さらしが!」ハイネ:「以外に天然だったんですよね~...」●ブル…

刀剣乱舞――「活擊 刀剣乱舞」

刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』を原案とし、ufotableが制作を手がけるTVアニメーション『活撃 刀剣乱舞』。その初回放送日時・追加放送局、第一話から第三話までの先行上映会、スペシャルイベントの開催、Blu-ray&DVD発売情報やWebラジ…

A3!――爺?!

茅ヶ崎至:「幸ちゃん~おはよう~今日もかわいいね。」 瑠璃川幸:「茅ヶ崎さん、おはようございまーす。今日も格好いいね。」 茅ヶ崎至:「ずっと聞きたかったことがあるんだけど、どうして、女装が好きか?」 瑠璃川幸:「キュートですから、そう思いませ…

A3!――引越し

碓氷真澄:「至、ちょっといい?」 茅ヶ崎至:「うん、何?」 碓氷真澄:「実は、明日今まで住んでいたとこから引越ししなきゃ...しばらくあんたの家に住んでいいかな...新しいアパート探したらすぐ出るから、お願い!」 茅ヶ崎至:「碓氷ちゃん、いいよ、当…

アイ★チュウ ICHU 天上天下――風邪

朴木十夜:「はいはい、薬を飲んで~」 竜胆椿:「いやだ...大丈夫だよ、風邪なんてすぐ治るから、な。」 朴木十夜:「だーめ、ほら早く、冷めちゃうよ。」 竜胆椿:「あーもう!超まずいから、ほんとに大丈夫だよ、ったく、いつも女房みたいに...」 朴木十…

あんさんぶるスターズ!――マジメちゃん

神崎颯馬:「蓮巳くん、おはようございます。」 蓮巳敬人:「あ、颯馬か、おはよう...あっ、昨日のリハーサル、『星空で輝いて』ってところちょっとペースが間違ったみたい、えぇ...なんか少し早くなってしまってて。」 神崎颯馬:「本当にすみません!今、…

斉木楠雄のΨ難――死神小学生(コナン)の世界へのタイムスリップ

楠雄はぱっと目を覚まして首のところがとても苦しい。俯いて見たら『礼服?!...どういうこと...』と驚いた。 蘭:「お誘いを受けられた斉木さんでしょうね?」 『...待て待て待て...なんか画風が全然違うじゃない!?頭にあるのは武器か?一気に胸を貫ける…

IDOLiSH7――百ババ

百:「あそこデカイのは誰よ?」 千:「どれどれ?」 百:「ほら、青の服ってヤツ。」 千:「あっ、IDOLiSH7の四葉環だよ、どうして気にしてんの?」 百:「なんかちょっと他人と雰囲気違ったな、周りから浮いてる感じ?...ほらファンサービスもしなかったし…

夏目友人帳――妖怪たちの物語<菱垣>

夢の中で貴方の姿が消えたとき、もう離れないよう、流光の足取りを追って孤独を歳月に返す。 春を通り過ぎたが桜がまだ眠っている。夏を通り過ぎたが夏至がまだ残っている。秋を通り過ぎたが秋雨がだんだん衰えてきて、冬を通り過ぎたが世界が白に覆われてい…

夏目友人帳――妖怪たちの物語<露神>

自生は真っ黒な空のようで数々の人々と物事を飾っているこそ明るくなっていく。宙に浮いている星のように果てなく輝いているものも有り、流れ星が空を渡れて一瞬の後消えてしまうものも有る。 人生の中でもつれ合う絆が星の光と伴って「流年」と私たちにそう…

B-Project ――王子様と姫様

音済百太郎:「誰がそんな舞台劇やるんだよ!」 北門倫毘沙:「確かにお姫様というキャラは男としてのあなたにとってちょっと、でもいい挑戦じゃないですか?そして、ほかのメンバーより百太郎の全体的なシルエットがもっと細くてなんか女性美があるといって…

彼女の目にうつるのは

彼の呼びかけに応じるように棺桶から出てくるのは銀髪に目を覆われ、黒い装束を身にまとった男の姿だ。シエルとその隣に立つ伯爵の執事を見るとニヤリと笑いだした。葬儀屋:「やぁ、伯爵。やっと小生特製の棺桶に入ってくれる気になったのかい?」シェル:…

覆面系ノイズ――きっと歌える、その時みたいに

きっと歌える、その時みたいに 杠花奏の母:「どうしたの、花奏?そんな大きいバッグ持って、もうすぐご飯だよ?」 杠花奏:「...名古屋のおばさんからの留守番電話のメッセージを聞いた。...もう見つけたって、お父さんの遺骸の一部分を。今回は絶対間違い…

A3! 春と秋

「うわ―さめい{{ (>_<) }}」そうつぶやいた摂津万里は一人で俯いて街をウロウロしています。せっかくのお休みなのに、何をしようかまったくわからない彼は何もしないともったいないと思いながらこんな寒い天気に本当に何もしたくない、ただこたつに入りたい…

手のひらサイズ

白いワンピースコーディネート水色で短い版の長袖上着、鎖骨の練習で皮膚に輝く白い金属の光と耳にピアスを埋めて、耳の揺れは短くている小さな海、柔軟な白髪はピンクのシュシュ固定縛って最近幾年の大流行の団子。手のひらサイズの顔は特に化粧だけつけ日…

この時間は強引に呼ん

午前3時4時やっとベッドに入って、この時間は強引に呼んで、このやつの態度はまたこんなに異常です。もともと「起きる息」のくせに、こめかみの血管のもくもくを感じ、「遅すぎて寝すぎ、今日は何も考えず、昼まで寝ていたと思っている。」そうですか。その…

しまった!臨時劇場がぺしゃんこた

しまった!臨時劇場がぺしゃんこた!」ぺしゃんこ「ぺしゃんこ?!」風が強いから!」叮——どーん」「中国は、学生と観光客の安全を確保し、今日の臨時劇場全グループの出演をキャンセル、後には華桜会の追試と審査、追試時間が別にお知らせする」と通知する…

本当に忘れてみる

のために……本当に忘れてみる。彼女は驚いて私に向けて、両眼とも流転たくさん含んで意味の光が、私は知らない私たちは何かを、目に対して、誰にも話さず、そして、彼女は倒れて、止めた彼女は私の気持ちにより軽い。私は、自分は逃げていたのだろうか。「祀…

今彼はただよく感じる自分の懐に包まれ、その体のぬくもりしかし彼は発見して、一期一振全身すべてソフトで無力それは緊張の神経が全数リラックスした結果彼の顔と、薄紅のペアに琥珀のような目を凝結水潤、半開きの口元が溢れ出す魅惑的な甘い 天気もいいか…