ハイネ(幼年)

 あなたはハイネと一緒に大きくなったのだ。孤児の貴方たちはこの暗い下水道で住んでほかの子供達とお互いの頼りになって暮らしていた。

 あなたが特別の情況にいて普通外へ食べ物を探しに出るのはほかの子供の任務だ。あなたが主に小さい子供の面倒を見るので、彼らが外へ出て傷ついたり、いじめられたりするのが心配でいる。

 ほかの子よりハイネがあなたになんだか特別な感情を抱えているらしい。あなたが心配しすぎるとき、彼はいつも腰を屈んで車椅子に座るあなたを軽く抱いてそう言う。「ここにいればいい、ほかのことは私に任せて、安心して。」

【この時、あなたもいつもハイネを抱いてあげる】

f:id:constellar:20170710165441p:plain

王室教師ハイネ コスプレ衣装 へいらっしゃい

王室教師ハイネ――国王とエルフ③

 「......」

「この無礼者!!」

「プチ」あ、今度の火は何秒か続いた。

国王として手のひらサイズで小さな炎しか出せない可愛いらしいエルフに責められた。

ヴィクロールが頭の小さい腫れに触っている。魔法で傷つけないのに気づいたハイネは、そばの本を取り上げて彼の方へ投げておでこに当てた。

こんな小さな体なのに、こんな大きな力がいったいどこから来たかわからない。

この時、エルフがヴィクトールの事務室を飛んでいて何か巡視しているようで、ヴィクトールが机の後ろに座ってハイネを見ている。

  ハイネがちょっと疲れて机に戻って仰いでヴィクトールを見ている。

「ここは住みやすそうで、じゃ住ませてもらおう。」とハイネはそう言った。

    住む?

ヴィクトールが驚いて彼を見る「どこに?」

「ここだ。」ハイネは無表情で部屋を指している。

f:id:constellar:20170708154348p:plain

王室教師ハイネ コスプレ衣装 へいらっしゃい

王室教師ハイネ――国王とエルフ②

小さい目とビクトールの青い目と合わせてお互いの顔を見つめている。

そして、その小さいものがどこからか小さい棒を取り出して彼に指す。

突然、火がビクトールの前でぱっと爆発した。

「プチ」とすぐに消えた。

「プ――」ビクトールが我慢できなくて笑った。

    「笑うな、この失礼な人類!!!」ビクトールがその棒にびんたを張られた。

ビクトールがこのエルフと名乗るものを慰めている。

ハイネというエルフが怒って顔を膨らませて手に依然として小さい棒を持ち、いや、それはエルフの魔法杖だそうだ。

「エルフってみんなこんな小さいの?」ビクトールが頭を下げて好奇心に満ちて

急に大きい顔に寄せられたハイネは魔法杖を取り上げたが、なんの魔法もかけなかった。

「これは行動にとても便利な姿だ、どうせあんた達人間はわからないのだ。」とハイネは冷たく言った。

その膨らんでいる白い頬を見てようやく我慢できずに罪悪の手を伸ばしてちょっと突いてみた。

柔らかい!

f:id:constellar:20170707173209p:plain

王室教師ハイネ コスプレ衣装 へいらっしゃい

王室教師ハイネ――国王とエルフ①

国王がエルフを拾った。

事務室の国王ビクトールが机の真ん中に乗せられた小さいのを見つめて、とても複雑な表情をする。手のひらサイズで腕とももが細くて背中に小さくてキレイな翅が付いている。この正体不明な生物はいま顔を下に向けてじっとしている。

相手の頭を軽く突いた。

 その橘色の髪は見るより柔らかい。

    「可愛い......」

「か、落ち着いて。」

 ビクトールがさり気なく手を縮めた。そして次の一秒にこの小さいものが翅を振るって動いた。小さい手と足でそこから立ち上がって、いや、飛び上がった。

ビクトールが空に浮く小さいものをジッと見つめている。

丸い顔に精巧な顔立ちでただ表情なんたあまり足りない。

ジーー。

f:id:constellar:20170706180430p:plain

王室教師ハイネ コスプレ衣装 へいらっしゃい

A3!――大人の修学旅行⑭

紬:「すみません、私たちもやりすぎて......」

臣:「本当にすみません。」

左京:「......いいから。俺も言いすぎた......」

東:「いろいろ考えてくれて本当に嬉しかったよ。ありがとうね。」

東:「その計画にほかに何かあるの?」

太一:「あるよ!もちろん!」

万里:「そうね。じゃみんな揃ったから早速行こうか。」

左京:「は?何処へ。」

丞 :跟过来就知道了哟。

丞:「付いてくればわかるよ。」

左京:「おい、明日も練習――」

東:「いいじゃん、せっかくの修学旅行だし。行ってみよう。」

左京:「......ったく。」

太一:「そうだね!次は、卓球全男子ダブルス開始!」

丞:「全男子ってなんだ。」

東:「ま、ここの卓球台は男子の更衣室にあるから仕方ないね。」

太一:「優勝の賞品は~ジャンジャン!みんな大好きの!天下のコーヒーミルク!」

万里:「それ、魅力なさすぎだろ。」

誉:「ふむ、フルーツミルクのほうが好きだね。」

左京:「まったく......今度だけ、付き合ってあげるよ。」

太一:「へへ!徹夜も修学旅行の楽しみだよ~!」

太一:「ジャン――!組み分けと製表は事前に決めておいたんで!」

東:「準備は十分だな、さすがワンくん。」

臣:「まずは......万里と紬組VS丞と俺か。」

万里:「絶対勝つぞ。」

紬:「が、頑張ります!」

臣:「卓球か......久しぶりだな。」

 

エースリー 

f:id:constellar:20170705173854p:plain

コスプレ衣装 へいらっしゃい

A3!――大人の修学旅行⑬

【部屋で】

太一:「俺のせいだ......大人の修学旅行やろう~って。」

丞:「いや......俺たちも、こんな年なのにこんなに騒いでて。」

紬:「そうだね、太一くん一人のせいじゃないよ。」

密:「僕も、投げた、枕......」

万里:「なんといっても、みんなで枕大戦をやってテンション上がりすぎだね。」

臣:「ああ。(左京さん)戻ったら、みんなで謝るよ......」

十座:「そう......」

誉:「そうね。このことについて俺たちは共犯だから、つまり運命共同体ってもんだね。」

誉:「そう......それはデースティング、ふわふわのかき氷、抹茶味のシロップと粉糠雨......」

万里:「おい、今は詩を詠む場合じゃねえんだろう、空気読め、空気!」

【ドアを開ける音】

左京:「......」

東:「ただいま。」

太一:「――!」

左京:「......」

太一:「あ、あの、左京兄!」

左京:「......悪かった。」

太一:「え?」

東:「監督から聞いた。私たちのためにみんないろんなことを計画したって。」

左京:「好意を踏みにじって、そして責めたってことは、悪かったな。」

丞 :「左京さん......」

万里:「左京さんは謝った......」

太一:「う、うう......」

太一:「わ~左京兄~!ごめんなさい~!」【ハグ】

左京:「おい!抱きしめるな!まったく......」

 

エースリー コスプレ衣装 へいらっしゃい

A3!――大人の修学旅行⑫

泉:「ここにもいない......まだ探してないとこ、ある......」

泉:「左京さんどこに行ったんだろ。」

東:「監督」

泉:「東さん、どうしたんですか?」

東:「監督に付いて私も探しに来た。」

泉:「すみません、ありがとうございます。」

泉:那个……大家没什么吧?

泉:「その......みんな大丈夫ですか?」

東:「さっき確かに騒いだとわかったんで、部屋で反省してる。特にワンチャンだね。」

東:「垂れた耳と尻尾も見えるみたいだよ。」

泉:「そうですか......」

東:「......ごめん。みんなと一緒に遊べるのを本当に楽しく思ってて、ついやりすぎかな。」

泉:「そんなことありません!違います、東さん。実は――」

左京:「......」

東:「......こんなとこにいるか。」

左京:「......何しに来たんだ。」

東:「みんなが心配するよ。監督も左京くんを探してるんだ。」

左京:「......」

東:「ふふ、一人で危ないからって、彼女を先に部屋に戻らせた、大丈夫だよ。」

左京:「......そりゃよかった。」

東:「みんな、私たちのためにいろんなことを計画したのよ。」

東:「左京くんと私、修学旅行行ったことないってね。」

左京:「......」

東:「枕大戦もそうね、修学旅行みたいにみんな一緒に遊んでて私たちを楽しめるのよ。監督から聞いてたんだ。」

左京:「......ち」

東:「だってホントの修学旅行みたいだから、私もついテンション上がっちゃって。だけど、とても楽しかったよ......面白い」

左京:「......」

f:id:constellar:20170703175357p:plain

エースリー コスプレ衣装 へいらっしゃい