人生の勝者――小学生の審神者①

学校からの帰り道で小学生の審神者はランドセルを背負って神歯の世界に入った......

織田組(真田組に偏っている):

小学生の審神者:「軍事訓練、脅かし?ふん、そんなもんないよ。」

 

信長総裁:

 6歳の小娘への忍耐力が異常に高い。「今度また断ったら殺すぞ」というような話をほとんど話さないからだ。でも普段の生活にけっこう厳しい。小学生の審神者が早寝早起きができるように監督すると光秀に言いつけた。その他、毎朝、勝家と一緒に朝ランニングをする。そして夜になると光秀と一緒に勉強をする。最後に自分で宿題をチェックする。未成年者への愛なので、万が一の時ではなければ絶対に血を吸ってはいけないとみんなに警告した。血を吸っても自分でナイフを消毒してから審神者の指を切って血を取るのだ。その後、審神者と一緒に買い物に行くと使い人に言いつける。(もちろん、審神者が好きなものを好きなだけ買えるのだ。) 

 小学生の審神者の教科書に興味があって借りて少し読んでから二人で一緒に教育問題を巡って話し合ったことがある。

f:id:constellar:20171020122023j:plain

戦刻ナイトブラッド コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑥

 その巨大なジグソーパズルを見てから、夜は驚いた顔で陽の部屋をあちこち回って自分のグッズを見ている......夜はそういうのにあまり関心を寄せないので会社で自分のグッズがこんな大量に作られたのを初めて知ったのだ......

 「お誕生日おめでとう~夜」

 夜の後ろから暖かい体がくっついてきた。夜がまだぼっとしているうちに、陽は後ろから彼を抱きしめて、そして彼の頬を軽く一口噛んだ。

 「は~今年も一番先に『お誕生日おめでとう』って言う人だね、オレは~」

 「え?!......」と夜はまだ驚いていてまだ完全に反応できないのだ。

 「......夜?」

 「だから......この間、陽がいつもこそこそして......そして部屋にも入れさせなくて......これを用意してたわけ?」

 「ふん~」

f:id:constellar:20171019171556j:plain

ツキウタ コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた⑤

 自分を中に押し込めようと思った陽を見て、いっそ彼の腕をしがみついて中にどうにも入らないことにした。

 「大丈夫だって、ほら、よしよし。」と陽がまだ警戒している夜の頬を軽く捏ねって言って自分がドアを開けに行った。

 部屋中は全部夜だった。夜は目を瞬いてまたよく見てみたら――部屋には自分のグッズが満ちている。自分の月の指輪とイアリングからほぼ壁一面のジグソーパズルまで――そのジグソ―マズルに近くよってみたら全部自分の写真だった。数え切れない自分の写真ですこしずつ組み立てられたのだ......大驚きした夜は振り向けて陽を見ている。

 「陽が作ったの?」

 「ふん~」と陽がそういう声を出すと、驚いた夜は信じられない顔になった。

 「陽は......いつ...こんなに忍耐力が......」

 「夜のことならいつでも忍耐力あるよ~」

f:id:constellar:20171018142035j:plain

ツキウタ。 コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた④

 夜は困った顔で陽の部屋のドアを見ていて、たまには後ろへ振り向けて自分のパート

 

ナーをこっそり見ると、ファンたちは生放送でそうしか見えないが、一体何があったか......

 「ドアを開けたらわかるから。」と陽が目線で合図した。夜は陽の部屋のドアをジロジロ見てから耳をドアに当てて何か聞こえるかと思った。夜の面白い振る舞いを見ている陽が心で笑っている。弾幕は全部:【wwwwwwww】【hhhhh夜がカワイイ!!】【ドアの向こうには爆乳の姉ちゃんいないから心配しないで】のような画風だ。

 「なにを笑ってる?」と少し顰めた夜が頭を振り向けて陽を見た。

 「なんでもない、早く入ろう~」と陽が手を振りながら言った。そして勇気を輸入するかのように手を夜の肩に置いた。

f:id:constellar:20171017151901j:plain

ツキウタ。 コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた③

ああああ、それは帰ってみんなに作ろうと思ったのでもっと詳しく味わって中身にどんなものがあるかを知りたいからだよ!

 生放送を見ている夜は石になったようだ。ファンたちは弾幕で夜にいったい何をしたかと陽に詰問した。

 Procellarumのリヴィングにもう誰もいなくて、夜に部屋を出る人がぶつかったり転んだりするのを防ぐため、廊下で数本付いた電気の弱い光が廊下だけを明るくしている。

 「陽......ど、どうしたか?」

 夜は自分のパートナーを一瞥して、引かれた手もすこし陽の手を捏ねってみた。

 陽は何も言わず、夜を自分の部屋に連れてから、振り向けて言った。

 「準備、できたか?」

 「......陽...先に何かあったかを教えていいか?」と長月夜 コスプレ衣装が言った。「陽、いたずらなら絶対に許さないぞ!」

 

f:id:constellar:20171016152603j:plain

 

戦刻ナイトブラッド ――小学生の審神者が本丸に戻った後

織田組:

 しばらく行方不明になった審神者ちゃんは無事に家まで送られてきたので、刀剣のみんなは泣かんばかりに喜んでいる。だが、審神者ちゃんが失踪したときに何が起こったかを知ったら、みんなが怒ってぜんぶ抜刀した。

 赤ちゃんの時から大人になるまでずっとそばで見ているこの小娘は大変なことには一つも遭ったことないのに吸血鬼ともの血液の袋になったとは想像できるか?

 特に、この小娘を移動式の血液の袋にする吸血鬼の大魔王は織田信長というんだ。顔がすでに魔王のようだが、性格も魔王とほぼ同じだ。長谷部と宗三が怒ってからすぐに胃が痛くなった。

 超可愛そうだよ。

 中立派の薬研藤四郎と光忠は審神者が無事だと知ってそんなに怒っていない。

 このことを通して喜ぶべきこともある。それは審神者が偏食するという悪い習慣が治った。
審神者:「おほ!それではお好きなようにどうぞ。」

大将はそう言ったので、みんなも賛成するしかないのだ。

 

伊達組:

 

 とても愉悦な雰囲気だ。

 片十郎に乗って本丸に入る審神者は肌がいいが結構太ったように見える。一体何があったかを知ったあとで、光忠を始めとする伊達組は親しく三人をもてなした。

 審神者:「おい!ワタシが審神者だよ!忘れるな!」

f:id:constellar:20171013112623j:plain

戦刻ナイトブラッド コスプレ衣装 へいらっしゃい

One piece―― 一番愛する弟だ⑨

 『白髭の海賊団』の一員になるのはエースにも思わなかったことだ。初めに、彼が白髭に挑戦するつもりだったが、失敗して『クラブの海賊団』までも白髭の中に合弁された。

 

 白髭が本当に強いということに文句がないが、エースがそんな簡単に他人に屈服するタイプの人でもない。

 

 「オレの息子になろう。」この言葉に誘惑される一瞬がある。

 

 彼は何度も挑戦したが、結局、全部失敗した。最後に、彼は自らで『白髭』という呼び名を受け入れて、白髭を海賊王にしようと決めた。

 

 その日、彼が白髭に自分の来歴を打ち明けた――海賊王 ゴール·D·ロジャー の息子ということを。それを聞いた白髭がちょっと笑ってから、誰の子にしろ、みんなが海の子なのよとそう教えてあげたのだ。

 

 彼が強い能力を持っているため、すぐに『白髭』の第二番隊の隊長になった。船のみんなが全部白髭の息子で、まるで本物の家族のようだ。

f:id:constellar:20171011175118j:plain

cosbravoコスプレ衣装専門店へ ようこそいらっしゃいませ