One piece―― 一番愛する弟だ④

エースとアボが武器を持って彼を助けに行ったら、そのガキが傷だらけで縄で吊られていた。もう少し遅かったら彼はたぶん死体になるだろう。

 彼はいったい何を執着している...... 

 彼が泣いている様子は本当に不細工だ。なぜ言わないと彼に聞いたときに、言ったら友達になれないと返事された。こんなに簡単な答えだけだ。

 なぜこんなにオレと友達になりたがってるか?友達?それだけが理由か?

 オレも頼れる人なんて存在んしない!友達になれなかったらもうひとりになるよ、孤独は痛みよりずっと苦しいんだ!......彼はもちろん知っている、誰よりも知っている......

 「オレがいると、苦しくないか?」と彼が聞いた。

 「うん!」

 「オレがいないと困るか?」

 「うん!」

 「オレに生きていってほしいか?」

 「もちろん!」

f:id:constellar:20170926151153j:plain

One piece コスプレ衣装 へいらっしゃい

One piece―― 一番愛する弟だ③

 彼はいったいどれだけ執着するか?どんなに死ぬということを怖がらないか?こんな危険なことにあっても依然として追いつけている彼は、いったいいつまで続けるか?時には、エースは彼のことにもう仕方ないと思っている。

 海に出るために、エースは昔もぎ取ったお金を全部貯金した。だが、彼が一番逆らってはいけない人を怒らせた。

 そのガキが捉えられてから、エースが急いで金をほかの場所へ移した。ここ数年間の努力がゼロになってはいけないというのは、彼がはっきり確かめられる唯一の方向だ。

 すべてを片付けたあと、サボは暗い顔でそのガキが彼らを打ち明けないことをエースに教えた。

 なぜ?なぜ言わないか?そんな臆病で泣き虫のやつがなぜ言わないか?エースはどうにもわからなくてイライラしてきた。

f:id:constellar:20170923150706j:plain

One piece コスプレ衣装 へいらっしゃい

One piece―― 一番愛する弟だ②

 誰も彼の存在を望んでいない。彼の命は大したものではなく、彼の存在する意味を誰でも否定した......彼自分もそうだ。

 「友達になろう」と、その日、麦わら帽子をかぶったガキがそう言ってあげた。

 友達?笑える。もし彼がゴール·D·ロジャーの息子だと知ったらまたそんなことを言えるか?

 そして、その子のバカのような笑顔が眩しくて......気持ち悪い。

 エースはそばのデカイ木を蹴り割れてそのガキが逃げるのを見ている。もうこれ以上ついてこないだろうと思ったら、甘い考えだった。「そいつホント付きまとうな。」とエースが顰めて言った。

 エースはそのガキを追い出すためにどんな方法も使ったが、そのガキが一生懸命頑張ってエースを追いつけるのだ。追ったり追われたりと繰り返している。

 ある日、そのガキが彼を追っている途中でカルボマウンテンの主人と会った。彼はあと少しだけで彼を助けに行った。彼が逃したのを見て胸をなでおろした。そしてすぐにどうしてそのバカを心配するかと自分もよくわからなくなった。

f:id:constellar:20170922182745j:plain

ONE PIECE コスプレ衣装 へいらっしゃい

One piece―― 一番愛する弟だ①

 海の風が顔を掠めてすこし生臭い匂いをもたらしてきた。

 変な橙色の帽子をかぶった男が甲板に立ち、左手が指名手配の画像が印刷された紙を持っている。紙に麦わら帽をかぶって眩しく笑っている黒髪の男の子が描いてある――モンキーD·ルフィ。

 「ルフィ......」と男は海の風に吹き飛ばそうとする帽子を下へ抑えて呟いた。

 帽子のブリムが彼の優しい目付きを遮ったが、その吊り上げられた口元がはっきり見える。

 ゴール·D·ロジャー という男は権利、お金と地位を全て持っている海賊王だ。だが、
ポートガス·D·エースが海賊王の息子だ。それは、なんと皮肉だろう......

 「なに?ゴール·D·ロジャーは子供がいるって?それは群衆の前で殺すしかないな。」

 「この世に生まれてごめんってそう遺言を残してほしいな、ゴミのくせに。」

 

f:id:constellar:20170921173110j:plain

ONE PIECE コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――長月さんが赤髪の男性に連れて行かれた①

 陽はカメラを調整してからファンたちに『シー』というジェスチャーをした。 

 「なな~~~~夜~~~~~~」

 寮に戻ったばかりだから、夜が台所で夜食を作っているようで、そばに駆と恋もいる......うん、始もいる。

 「陽?まだ寝てないの?」と陽がここに来るのを見て彼に手を振った。「今

カレーパンを作ってるよ~もうすぐだから、いっしょに食べよう~~~~」

 生放送を見るファンたちはみんな沸いて『うちの夜ちゃんはやっぱ萌え!!!!』など叫んでいる。スクリーンが弾幕で満ちて内容はほとんどはこれだ:「こんなに萌えって反則だ!!しかもカレーパンだよ!!カ!レー!パン!!陽に作ってるに決まってんじゃん!!陽兄はもう始のことをおいて、直接にやれよ!!始と匹敵できないなら、夜を連れて逃げればいいじゃん!」

 だが、ファンたちがどんなに盛り上がっても陽と夜はしばらく見えないのだ。今は盗撮中だから、夜に知られては絶対ダメだ。

f:id:constellar:20170920175009j:plain

ツキウタ コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――夜は怒った⑦

 「僕のコーラを奪って全部飲んじゃった。」恋は自分の胸元を手に当てて同情な顔で陽の肩を叩いた。「あなたたちの間でなにか起こったかわからないけど、でも......頑張ろう!なんか......起こった夜母さんは葵さんよりずっと怖い......」

 絶対にインスタントフードに手を出さない夜母ちゃんは......他人のを奪って、そして全部食べた......

 これはもう「オレ様が嬉しくない」というレベルではないのだ。

 「彼は?」

 陽は深く息を吸って全身の筋を動かして戦いを迎えるように構えた......最近、夜と始のコラボ項目が多くて始さんが体の底に潜んだブラコンが目覚めたようで、夜のことをSSSSSSRのように保護している。それに仕事でうまくいって二人の仲もますます親しくなったのでたまに夜に武術でも教えたそうだ......

f:id:constellar:20170919173648j:plain

ツキウタ コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――夜は怒った⑥

 階下の人をちょっと考えていてやはりこのままでダメだと、陽が仕方なく自分のサブアカウントにログインした。そしてすぐに誰かを探してメッセージした。

 【見張ってくれ】

 そちらはすぐに【OK】と返事した。陽は少し眉をひそめて念の為にまたそう言った。【絶――対に見張ってな!】相手が返事するのを確かめてから立ち上がって階段を下りて自分のカワイイパートナーを探しに行った......だが、まだ彼の部屋に入っていないでちょうど部屋から出てきた恋とぶつかった。恋は陽を見てすぐに彼を隅に引っ張った。

 「陽......夜に一体何をやってんの?」恋は注意深く頭を差し出して始の閉じたドアを見てみた。「夜はなんか......超――怒ってるよ!」

 陽は肩をすぼめた。

f:id:constellar:20170918171223j:plain

ツキウタ コスプレ衣装 へいらっしゃい