刀剣乱舞――死神の世界⑫

 三日月は彼の顔を撫でてそこに跳ね上がって付いた血液を拭いた。その途端に、鶴丸の目が急に明るくなり、呼吸も荒くなった。そして彼は唇を舐めて我慢できないように自分のしっぽで三日月の腕を絡げた。

 「すみません......血液が興奮させちゃった。」

 「しし......静かにしろ。」と三日月は小さい声で言って鶴丸の唇に軽くキスをした。悪魔も急いでくっついてきて三日月の腕の中で縮こまっている。

 深夜、三日月は提灯を提げて誰もいない図書館に入った。彼は鶴丸が閲覧した記録によって彼に探された本を全部探し出して見た。ニーベルングの起源から死神界の伝説まで、聖器から呪いまで、鶴丸が見たものはどんな方面もある。

 「蘇る。」

f:id:constellar:20171201145340j:plain

刀剣乱舞 コスプレ衣装 へいらっしゃい

刀剣乱舞――死神の世界⑪

 自分のほしい答えを得た鶴丸は堂々と図書館へ行った。そしてすぐに、誰かが鶴丸の動向を三日月に報告に行った。

 「どうなさいますか、三日月様。」

 「そいつは何が欲しいか全部あげる。」

 午後、三日月は鶴丸を連れて通勤した。弔いの鐘を待ったり、亡者の魂を通したりして死神の日常の仕事は極めてつまらない。あくびが止まらない鶴丸は散歩に行くと三日月に言ってそこから離れた。

 場所:監獄の牢獄

 「こいつは佐藤明希を殺した犯人だ。」と鶴丸が説明し、「人間の法律で死刑に裁かれたけど、執行猶予になって六ヶ月後にまた執行するってことだ。どうせ死んだら地獄に行くなら、オレがちょうどつまらないんで、先に地獄の味を感じさせるんだ。」

f:id:constellar:20171205155327j:plain

刀剣乱舞 コスプレ衣装 へいらっしゃい

刀剣乱舞――死神の世界⑩

 「彼をそばに居させるのはどんなつもりなのか知らないけど、悪魔ってものは他人に駆使されるものじゃないぞ。だから、その悪魔が君に何かを企んでるって思ってるよ。」

 「わかってるよ。」

 「わかってないよ、あなた。」と小狐丸がため息をついて言った。鶴丸国永のことなら、人類でも悪魔でも、本当のことにせよ偽りのことにせよ、三日月はいつもその時に限って頑固となる。

 この死神のビルはびっくりするほど大きい。鶴丸があちこち回るときに、死神たちは誰も気づけないと思っている目線で彼を上から下まで観察していた。鶴丸はいっそ一番公然と覗いているやつを掴んで聞いた。

 「あのう、ここに図書館あるか?」

f:id:constellar:20171121183632j:plain

刀剣乱舞 コスプレ衣装 へいらっしゃい

刀剣乱舞――死神の世界⑨

鶴丸国永。」

 「それは三日月のその......似てるわけだ。」と髪色が鮮やかな人は顔がますますおかしくなってきた。

 白い髪の人は彼を睨んだ。

 鶴丸は何もわからない顔をして三日月のほうへ振り返って見た。

 「先に出てろ、彼らと相談する用事があるからさ。あっちこっち回っといて、オレが連れて帰ったものだから、誰も君に手を出さないから。」

 「あんたの名義で虎の威を借りるつもりって言いたいか?」

“批准了。老虎觉得很荣幸。”

 「許可。」

 鶴丸は楽しく行った。

 鶴丸が行ったばかりに、岩融は我慢できずにそう言った。「この人はもしかして......彼は人類じゃないだろう、なんで悪魔なんか?」

 「知らない。彼かどうかはまだ確かめられない。」と三日月が言って彼らにお茶を二杯注いだ。

f:id:constellar:20171201145340j:plain

刀剣乱舞 コスプレ衣装 へいらっしゃい

ツキウタ――恋人が一番キュンとさせる瞬間④

 

 葵:あ......こんなこと......え?みんなもう話し終わったか?うん......じゃあ、こっちなら、朝、彼がまだ完全に目を覚ましてない時に髪が乱れてパジャマを着たままで部屋から出て「今日は授業あるか?」って聞く時かな。その一瞬、こんな生活がたぶん自分のほしいモノだろうって。(じゃあ、その時の状況で彼の髪を梳いてあげるという衝動がありますか?)......はい、実はとってもしたいけど、職業病じゃないね!(笑)

 その......さっき話してたことは少し話題から逸らしたかな?......ないか?よかった。

でも残念ながら、俺はいつも舞台の後ろで見るので、もし観客としてちゃんと席に座って彼の演出を見ればよかったな。

f:id:constellar:20171130151330j:plain

ツキウタ。 コスプレ衣装 へいらっしゃい

僕のヒーローアカデミア――10までカウントダウン⑤

その本を開いて「なんか、なんか、勝っちゃんのことを...好きになった...その...そのような好き。」

 『当たり前だ。』

 ぱっと、厚い本が落ちた。緑谷はぽかんとトイレの床に座って頭が空っぽになった。

 『男の子は毎日集中できなくて、いつも悲しかったり嬉しかったりしてて、これはどういうことだ?』爆豪がとなりのトイレでスマホでそう調べている。

 『恋したんだ。』とスマホの画面にこういう答えが出てきた。

 答えを知った爆豪は緑谷の好きな人も知りたくて彼のところに行こうと思ったら、となりから懐かしい声が届きてきた。

 「勝っちゃんも、僕のことが好き??!!!」と緑谷がカバンをキツく抱えて大きな声で叫んだ。

 本を開いて見ると

 『10までカウントダウンしよう。』

f:id:constellar:20171108173251j:plain

僕のヒーローアカデミア コスプレ衣装 へいらっしゃい

刀剣乱舞――死神の世界⑧

 「お客様がいるよ。」と三日月は軽く言った。

 「もうすぐお菓子を食べ切れるのに、オレたちのお客様は間に合わなかったね。」

 白くて長い髪の死神はファイルを抱えて中に入った。彼の後ろに背が高くて髪色が鮮やかな死神はついて入ってきた。

 「三日月、使い魔に悪魔を探したって聞いたけど?」

 「――君か?」とそばの鶴丸を一瞥してとても興味深く聞いた。

 「死神の間で消息の伝わりが速いな、そうだよ、俺だよ。」と鶴丸がニコニコしながら言った。

 二人は鶴丸の顔を見て顔が急におかしくなってきた。

 「悪い、岩融は三日月が新しい使い魔を見つけたって聞いて一体何者だかどうにも会いたいって言ったんで、びっくりさせないよな?あんたの名前は......?」と白い髪の人がそう言った。

f:id:constellar:20171122182329j:plain

刀剣乱舞 コスプレ衣装 へいらっしゃい